〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
登山

寒々しい白樺山~シャクナゲ沼

1号、3号で新見峠まで紅葉の中をひた走る。
今日の予定は白樺山~シャクナゲまで。

でも1号は、すでに昨日の夜から勝手にのんびり登山と決め込んで、
「1号は一人ポツネンと待ってるから、沼の畔に捨ててって、、、
シャクナゲは、パスする気満々。

晴天のはずの日曜日。
峠は、寒!!
3号ちゃん「沼までしか行けないかもね」
1号「そお~~~~~

白樺山は、雪がある時は数回登ったことがあるけど、夏山は初めて。
KIMG0607.jpg
登山道はきれいに笹刈りされていて、とても歩きやすい。
ながらかな斜面を30分くらい登ると稜線。

日が差して暖かそうに見えるけど、結構寒い。
防寒のジャケットは、常時着たまま。
KIMG0608.jpg

稜線から見下ろすと小さな沼発見!
KIMG0609.jpg
来年は「北海道の秘湖」をめぐる登山でもしようかしら。
一応「白樺湖」と命名。

小一時間で白樺山に到着。
KIMG0612.jpg
3号ちゃんの向こうに目国内山のP。

さて、寒いけど沼目指して行きましょう!
ときおりが舞う。
登山道は、大岩を上がったり下がったりしながらの道となる。
こういう道は帰りが嫌だよね~~。
KIMG0614.jpg
沼が見えた!

見えてからが長い!
まっすぐ、沼に下ろせばいいのに!!
なんでこんなにトラばるかな~~。
ブーブー。
KIMG0617.jpg
白樺山から、1時間掛かって沼。
真正面に目国内。
風が通り抜けて、サブ!!
シャクナゲのPは見えているけど、今日はもういい。
帰ろう!!

峠に戻ると13:00。
そこからニセコの街を探検に出かけることにする。
ひらふ、アンヌプリ、東山、、、、。

江戸時代の長屋みたいなコンドミニアムがあったけど、外国人はいなかったな~。
確かにオサレなロッジやログハウス、高級住宅はハイソな雰囲気を醸し出しているわね。
チャイナマネーかしら、、

2号ちゃんがいないので今一ニセコの地図がわからない。
全容を把握できなまま、帰宅!
美味しそうなベジタボ~~のビュッフェレストラン発見したので、
今度、みんなでご飯食べに来ましょ!!

おしまい 

スポンサーサイト
登山

秋の三段山

9月24日日曜日、そう言えば昨日は秋分の日、お彼岸だったんだね。
MORIMOTOにおはぎ並んでたわ。

1号・3号に久しぶりに4号ちゃんで白銀荘から三段山。
こっちのルートは、山スキーのイメージしかなかったけれど、
調べるとちゃんと登山道があった。
行った事ないから行ってみよう

KIMG0534.jpg
9時45分、白銀荘前スタート。

KIMG0536.jpg
登山道はキャンプ場の前から始まっています。
今日は、登山道の両端の笹狩り作業をしていました。

昨晩降った雨のせいか、ドロドログチャグチャです。
帰りが心配だ~~と言いながら我慢して進んで行くと
きれいな紅葉が!!!
KIMG0541.jpg

KIMG0542.jpg

KIMG0543.jpg
KIMG0544.jpg
紅葉が近くて、感激!!
ここの紅葉がこんなにいいなんて知らなかったよね?!

噴煙と十勝岳
KIMG0545.jpg

あれを一越えすればPです。
KIMG0546.jpg
少し雲がかかっています。

2時間でP到着です。
KIMG0550.jpg

一面ガスで何も見えなっかたけど、しばらく待っていると晴れた~~~~
KIMG0547.jpg
八つ手の岩稜、北西稜、、、、、上ホロのピークが切れた、、、、

KIMG0548.jpg
大砲岩から続く上ホロまでの稜線。

三段山側からの景色を見たことがなかったので、とっても新鮮。
しかも、上ホロ界隈やっぱり素敵だ!
冬になったらもっと素敵!
グフ、魅了されます

さて、来年はどのルートで来ようかしら?
滝はないだろうけど、沢をつめて来るっていうのはどうかな~?

帰り、ドロドロに足を取られないように気をつけて歩いてきたのに、
刈られた笹に引っかかって大転倒
ギャーーーー

笹狩りご苦労様です

未分類

紅葉のパッチワークって道新に載ってました旭岳

昨日の高原温泉沼でまたまた足が痛みだしたので鎮痛剤を飲んでとっとと寝ました

目覚めて、新聞に「今年は赤の発色が例年よりきれいだと評判です」というのを読んで
いてもたってもいられず昨日のザックをそのまま持って飛び出しました。
あさ5時半
8時半前に着いたの、駐車場待ちの20台くらいの列に並ぶ
続々と登山客観光客が歩いています
待つこと30分で停めれました
ロープウェイから降りると青空と旭岳とチングルマ
ブログ用旭岳1

観光客が列をなして歩いています、
裾合平に向かう登山者もたくさんいます。

小さな尾根を越えると、当麻乗越の斜面を彩る赤のパッチワークのパノラマが
いきなり目に飛び込んでくるんですよ
オバサンは「わぁー!キレイ!!」と叫びたいんですけど
一人旅はそれが出来ない
スンバラシクキレイ(過保護のカホコチャン風に言ってほしい)
ブログ用旭岳4

写真にはでない。すごーくきれいなのに


ブログ用旭岳2

ブログ用旭岳4

ブログ用旭岳3

私の狙いは中岳温泉に向かう道の両側がチングルマの紅葉に囲まれること
狙い通りの美しさにしばらく座って眺めてきました。

カメのようにゆっくり歩いたけど、やっぱり帰りは足が痛い
後ろから来る人に道を譲りながらも
亀さんは景色を存分に楽しめるんです。

補足だけど、13時に駐車場を出たら駐車場待ちの車が数キロの列になってた
100台は軽く超えてたと思うよ

何時ロープウェイに乗れるんでしょねー













未分類

ブーコ3人そろい踏み。今年は赤がいいんだってさ


ブーコ2の足の調子が悪くて久しぶりの山行です。
ブーコ2としては高低差のないところを歩きたいので高原温泉沼はどうかと
台風18号の動きも加味して土曜に決定
3も赤岳黒岳ルートのまえの足慣らし
1は初めて高原沼なんだってさ、

沼めぐりは紅葉ドンピシャという説明があったが
沼までまでまだ紅葉もしていないモミジの下を歩いていく。
ブログ用高原温泉沼1

谷からもうもうと蒸気を上げている、自然の営みを感じますね

ブログ用高原温泉沼2

沼めぐりが始まると途端に真っ赤になったナナカマドと持虹が鮮やか

沼に映る紅葉もそそられます

ブログ用高原温泉沼4

大好きな高値が原、下から見上げるのもいいですよね、
白雲キャンプ場に向かって歩いたことが鮮やかに思い出されますよ
今は熊さんが冬支度をしてるようですよ
ブログ用高原温泉沼3
緑岳に鮮やかな赤い模様がついているのですが写真ではよくわからないね

今年は本当に赤色が鮮やか10年に1度だとか
今世紀最高だか言われるくらい美しい!!



登山

恵庭岳西峰

1号、3号で恵庭岳西峰。

KIMG0468.jpg
2~3年前の洪水で、荒れてしまった登山口の駐車場がきれいに整備されています。
ドでかい砂防ダムが出来て、工事継続中。
KIMG0469.jpg
写真の右側に砂防ダムとオレンジの流木止めらしき鉄塔。
ここを潜り抜けて登山道は続きます。
そこを進んで行くとなんとなく見慣れた登山道に合流。

ジグを切って、その後植林帯の登山道だよね~~と
記憶してたんだけど、その植林帯がない。
しかも、なんだか今日の登山ものすごく疲れる、、、、、ブーブー
変だな~~ということで地図とログを比べると、
第一展望台までの登山道が一部を除いて、
全く新しい道がつけられていることが判明。

洪水か風で登山道に大量の木が倒れこんでしまって、
それを切ったり除けたりする作業をするより新しい道をつけることに
したのではないかと思われる。
確かにかなり太い木が何本もあっちにもこっちにも倒れていた。
どんな作業も大変な労力であったろうと思われるので、
登山できるところまで復活していただいて感謝です。

、、、、でも、なかなか疲れる登山道とあいなったのでした、、、ジャンジャン!!

仮のP、第2見晴らし台に行くと数名の登山者が休憩中。
「エッ!!入っていいの?」的な雰囲気を背に感じつつも、
黄色いテープが張られた登山道をブー子2匹はその先へ進みます。

昔の登山道は、Pに岩頭部の基部を巻くように付いていたのですが、
KIMG0477.jpg
こんな看板に導かれるように進んで行くと、かな~~り下まで下ろされます。
KIMG0475.jpg
このPは「北峰」というらしいです。
名前が付いていたんですね。知らなかった。

KIMG0478.jpg
この上のあたりに「デベソ岩」が落下したみたいです。
遠くから恵庭岳を見るとなんだかPがちんまりしてしまったように見えますよね。

ここも標識に従ってズズズ~~ッと遠回りした道を進んで行きます。

KIMG0479.jpg
しこたま下ろされて、今度は稜線まで登ります。
ドロドロの急斜面。これは、帰りに下りたくな~~い。

KIMG0482.jpg
やっとのことで稜線に上がると左に恵庭岳本峰、右に西峰です。

西峰は初めて!!
なにやらワクワク!
IMG_5920.jpg

IMG_5926.jpg
支笏湖を左に見て、こんな稜線を登っていきます。
KIMG0489.jpg

小さなポコを3っつくらい越えるとP!!
KIMG0496.jpg

Pからは本峰にいる登山者も
KIMG0491.jpg

オコタンぺ湖も見えます。
KIMG0494.jpg


少しだけ居る場所が違うだけなのに、ずいぶん違った景色に見えます。

KIMG0498.jpg
支笏湖

帰り道に本峰の方へ向かってみることにしました。

本峰への登山道は、なんと我々が知っている登山道の反対側へ向かっています。
Pへの岩場の反対側から登れるように登山道がついています。
急斜面で登りずらいですが、ロープも設置されています。
でも、本峰への登山は禁止?自主規制?どっちかな?
少し、いや大分、本来の登山道より遠回りだけど、
足元の崩落の危険はなく、安全なのでしょう。
でも、100パーセントの安全なんてないのだから、
どこを選択して登っても下山しても、注意を怠らずにね。

KIMG0500.jpg
シラタマがたくさんあってかわいかったよ。

1号記