恵比寿山、なんだかね~

ぶ~3号、2号、そしてAっちゃんと仁木町の恵比寿山に行って来た
(1号はお休み、天気がいいのに出かけられなくて、うつうつしていたようだ・・・・

天気予報では山は不適のマーク。風がめっちゃ強いげげげ
でも、行ってみる。

車は4台目で駐車場セーフ。
風を警戒して、尾根にはあがらずできるだけ沢を詰めることにする。
でも、結局Pでほ、ほぼ無風・・・


天気予報・・・あんたっていったい・・まじめに仕事しとんのか
でも、いい方にはずれたので許してあげる。ぎゃはは

恵比寿最後の登り(2号ちゃんがいるんだけれど・・・わからないかも)
IMG_3582.jpg


恵比寿から見た大黒山
IMG_3581.jpg


さて、帰りが核心の3号
案の定途中で転ぶこと3回。あ?4回か?
2号先生に言わせると今日の雪は良くなかったらしい。
3号にとってはそんなことはどうでも良くて、ただぶじに降りることだけしか頭にないんだわさ。

きっと、Aっちゃんは3号のへたくそぶりに超驚いたことでしょうが、上品なのでそんなことは言・わ・な・い・・・


最近携帯でログをとってアップロードするやり方を覚えたんだわ。
2017年3月5日恵比寿山
登りが緑で下りが赤。でも途中で一時ログを中断させてしまったらしいので、沢から稜線にあがるところが切れてる。
下りは登りともろに被ってるので、赤がよくわからないね~残念。

今回もの3号、butめげずにスキーします。皆様よろしく

ぶー3号 J子

スポンサーサイト

恵比寿山は大人気


恵比寿・大黒山の登山口にはすでに ガイドYッちゃんがいてにこやかに手を振ってくれる
お客さんは6人くらい?だったかな
次に ガイドYかちゃんがこちらも6人くらいのお客さんを乗せてやってきたよ。
他に4人(男性3人女1人)組が1パーティー
オヤオヤ大人気
「何処に行くの?」と聞けば二人とも「大黒山と恵比寿山 気分次第、登り返して2~3本滑るかな-」
さすが!タフなガイド
ブログIMG_20170204_123534
Yッチャンチーム・と男4人組が出発
おかげで、トレースはしっかりついている
ウ~ンでも雪が少ないせいか?
沢ギリギリのトレースは歩きずらいなー
350mあたりでスノーブリッジをみつけて、大黒山とはお別れ
薄いトレースをたどってラッセル開始
ブログIMG_20170204_103433

コルに向かう
だんだん疎林になり、トレースのない真っ白い斜面に
1のワクワクした叫びが
「ココ、イイワー!滑りやすそう!」「雪質いいよー、楽しみ!」

ブログIMG_20170204_113657

恵比寿山到着

ブログIMG_20170204_113905

向かい側では大黒山のオープン斜面を
「やっほー」と叫びながら見事なシュプールを刻んでる
そして途中から登り返している、
ヤッチャンチームかな?

ユカチャンチームは「えびすに行きたくなった気分」と
言いながら恵比寿山に到着

「じゃあ、又ね」とごあいさつして
私達はオープン斜面に
やっほー!と飛び込みましたよ
さほど、傾斜がきつくなくて程よい感じ
難点は林道を5回も横切ったことそのたびに段差でブレーキ
でも、ブーコ3号にはちょうど良い感じだよ
今度一緒にいきましょう

リハビリ開始の本貫気別岳

ようやく、山へ行ってもいいかしらん?で・・何処へ?
歩けるのかわからんし、滑れるのかわからんから、そういうときの本貫気別岳へ、パンパカパーン

ごみ箱の為に除雪されている立派な駐車場に車を置いて出発。
IMG_3522.jpg
お味噌やさんの看板のあるあたりからとりついて、ふてぶてしく人の庭先を横切って行く、ぶ~3匹。

ちょっと樹林帯を横切ってCO508付近へ出ると、まあ~羊蹄が綺麗!!
IMG_3530.jpg

IMG_3525.jpg


このあたりをちょっと登ると、あら?どこからかスノーモービルの跡が現れ、その先のいい斜面がなんかズタズタに!!
ぷんぷん

もう既にここからP手前が見えている。
アラもうすぐダワサ。

1時間くらいでPへ、というかPはその先にちょっとある奥まった場所だけれど、ここでぶー3号はさっき腰がちょっとピクっとしたので先に行くのは中止。
洞爺湖も今日は綺麗に見える。いいね~山は。
IMG_3532.jpg


しかし、久々の山スキーにぶ~3号は不安がいっぱい、いっぱい・・・
でも、雪質が良くて、ヘッぴり腰ながら無事楽しく滑り~の、曲がり~の。
ふふふ

でも、緩い登り返しで悪戦苦闘、前へ進まない。
汗かきました。

帰りは留寿都道の駅で3つだけ残っていたお豆腐を仲良くゲット。
おしゃべりも相変わらず全開で楽しいブ~子山行でした。


ぶ~3号  J子

美しいー!!幌平山

世間では全国的に大雪!大雪!と大騒ぎ
山に行きたいが天気とにらめっこ
晴れ間を見つけ1月14日土曜日に幌平山に行きました。
ブログ見晴駐車場DSCF1575
やったね快晴だよ。
9時半、駐車場には帰り支度の男性3人
「もう終わりですか?」と声をかけました。
日の出を見に登ったという、きっと5時ころから登ったんでしょうね
この快晴の天気、きっと見事な支笏湖の日の出だったんでしょうね
最近の流行りですかね?イチャンコッペと日の出
確かお正月に計画していた人がいましたよ。

登山道はスキーでは滑って登りにくいので担いでで登った
というアドバイスでスキーを担いで登るJ西おじさま
ブログスキーを担いでDSCF1578
それでもスキーで登る
スキーをはいて


ブログ樽前山DSCF1588

ブログ風不死岳DSCF1585


ブログ美しい青空DSCF1587

ブログ稜線DSCF1589

ブログ樽前山2DSCF1593

ブログ幌平山DSCF1591

もう言葉が出ない美しさ
なんちゃって、「キャー美しい」「信じられない美しさ」「来てよかった」叫んでましたけどね
ブログ華麗な滑りDSCF1602

雪は少し足りない、けど
けっこう下まで楽しく滑れたわ
今回は谷を滑り降りて、駐車場のうえに出ましたが
この谷は苦労したわ
ブログ終了DSCF1603

最後に
ブログ支笏湖DSCF1597

美しい山・支笏湖でした


滑沢山ーぬめりさわやまと読みます。872.9m

1がヒクタ峰に行こうという
2「どこにあるんじゃろ?聞いたことがあるような?」
調べると先週行った迷い沢山の前じゃん。いいじゃん
で、ちょっとオトボケのJ西オジちゃんと気のいいM岡オジちゃんと4人で出かけました。
天気は晴れ
まずサイロ型のナンカがある小樽内林道に車を止める
ブログサイロの前
小樽内林道ではなく左の細い林道へ入る。
すぐに滑沢川、細い沢に橋が架かっている
ブログ滑沢川
すぐに尾根に取りつく
林道を進むという記録があるというが、2としては滑ることを優先に考えるので
斜面にトレースを付けて帰りの道しるべにしたいんだよね、様子も把握したいしね
ブログ尾根取りつき

ブッシュが出ていてちょっと難儀、でも雪は良い
久しぶりのラッセル
苦労はするが楽しいラッセル
ブログ定天
ようやく隣の定山渓天狗岳が見えました

時々デポ旗を見かけるが2メートル以上 上に付いている、ここはもっと雪が積もるんでしょうね
そこまで雪は積もればこのうるさいブッシュも雪の下になるんだ。

872mの前ポコ滑川山に近づくとだんだん疎林になり、かえりの滑りを想像してウキウキしてくる
後ろから数名が付いてきているという
「少しラッセル疲れたね、先に行ってもらおうか」
「そうだそうだ、ゆっくり歩いて追いついてもらおう」
なんて小賢しいことをしゃべっていたら、あらいなくなった
どうやらルートを変えたらしい、聞こえたのかなー
ブログJさん
それにしてもラッセルは時間がかかる
だってなんたって平均年齢67歳オーバーのこのチーム
ウッソー!!計算してビックリ
ブログ滑り沢山
滑沢山
ほぼ3時間
この先ヒクタ峰までは1時間はかかりそう
今日はここまで、ヒクタ峰が目の前にあるんだけどねー。
ブログヒクタ峰

真っ白で、美味しそうなオープン斜面、あーあーもっと体力があって3時間で行けたらなー
でも私3時間歩けたよ、エライエライ2オバちゃんとしては満足だわさ

ブログ太陽
サァー、滑ろー!!

何時もなんだけど滑り始めると、楽しくて写真を撮る事忘れるんだ
だからスキーの写真はありません。気持ちよかった

したの方はブッシュが濃くて、よけるだけで精いっぱい
でも終われば、楽しかった
また一緒に行きましょうねJ西さん・M岡さん






フリーエリア
ブ~子バナー
プロフィール

Author:ブーコ4321
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも一覧

 赤鬼沢 AkaOnisawa
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示