2017/07/19
2017/06/28
2016/10/23
2016/10/19
2016/10/09

登山

        

3連休は知床で

category - 登山
2017/ 07/ 19
                 
7月15~17日、1号2号3号で知床は羅臼岳へ向かった。
KIMG0332.jpg


宿泊は、キャンプ場でお一人様テント泊なので、座布団やら昼寝用マットやらMy枕やら、
たんまり荷物を詰め込んで金曜日夕方出発。

前泊地は、道の駅さっつる。(翌日の朝に
KIMG0313.jpg
清里町のはずれか?
3号ちゃんのGOOGLEのお姉さんの道案内は、
なかなかエグクテ、明かりが一つもない農道を走らされた。
おかげで?5時間以上もかかった。

翌日、準備万端整えてウトロへ向かう。
今日、登ってしまわないとお天気が悪くなる予定さ。

KIMG0318.jpg
途中でちょっとだけ観光。

6時前には羅臼岳の登山口に到着したけど、もう20台以上車が停まってた。
さすが百名山。

AM6:00 木下小屋
KIMG0320.jpg

登山道も下部は森林地帯を行くので、日陰で登山道は一級。
でもこの日は、道内一帯猛暑日

弥三吉水で生き返る
お水がつめたくて旨~~~~い。

しばらく休んで再び出発。

暑い暑いと愚痴を言いながら歩くも、
銀冷水を過ぎるとお花がちらほら。
KIMG0321.jpg
河原ナデシコ
KIMG0327.jpg
キンバイ、何キンバイかはわからん。
KIMG0329.jpg
これなんだっけ?御存知のブー子は正解をどうぞ!!
KIMG0333.jpg
これは桔梗でしょう?!

森林帯を抜けて炎天下のザレ場の急登を過ぎると羅臼平。
KIMG0334.jpg

KIMG0332.jpg
Pが目の前にド~~~~~ン。

KIMG0335.jpg
KIMG0337.jpg
KIMG0338.jpg
ササ、ブー子の皆さん遠慮せずにお花の名前を教えてちょうだい。

KIMG0339.jpg
これはわかる!!
2号ちゃんが大好きなミネゾ~じゃなくて、ミネズオー。

KIMG0340.jpg
羅臼平をしばらく行くと最後の岩場が待っている。
これ登らないと終わらないのだ!
さすが百名山!そう簡単な登山じゃござんせんわ!

KIMG0341.jpg
あれは硫黄山じゃないですか?
ふ~~立ち止まる回数も増えてまいりました。

KIMG0342.jpg
3号ちゃんの肩越しに北方領土。
近いの~~~。あれが異国とわね~~~

KIMG0345.jpg
や~~っと到着いたしました。

羅臼 P
珍しくP写真を撮ってもらいました。

Pからは知床5湖や羅臼の港、羅臼湖っていう湖も見えましたよ。
そして北方領土も。
近くて否応なく現実に愕然としますわ!

登りも暑くてたいへんだったけど、下りも同じ。
でもね、楽しかったよ!
今度は山テントして縦走でもしてみたいわ

羅臼岳登山編 終わり   1号記
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

手稲山のお花畑

category - 登山
2017/ 06/ 28
                 
1号&お姉さん、二人で手稲山。

手稲山でお花見たってあまり聞かないね~。

そうね、トレーニングで登ること多いからわき目もふらず、
急ぎ足よね。

ガレ場に着くとちゃんが、
そう言えばこの辺りにお花があるって聞いた!、、、、、と。

そうなの?
どこに?

ちょっとだけ二人でわきのガレ場に入ってみた。
KIMG0289.jpg
あら~~~~~~
コケモモだ~~~~~。

KIMG0285.jpg

ちょっとボケてるけどコケモモものお庭です。
KIMG0291.jpg
みごとな庭園。
手稲山にこんなところがあったんだ~。
KIMG0286.jpg
こんなお花も。
イソツツジ。

ガレ場で見つけたお花。
KIMG0293.jpg
これは何?

P近くでは、
KIMG0297.jpg
ハクサンチドリ

登山口近くの林道には、
KIMG0281.jpg
フタリシズカ

ちゃん、コケモモのお庭に感激して、
その辺のおじさん捕まえて、早速報告してました。
でも、鑑賞したおじさんもすごかった!!って喜んでた。

KIMG0284.jpg
水が恋しくなってきたな~~~。

1号記

                         
                                  
        

キノコとおじさん

category - 登山
2016/ 10/ 23
                 
肩が痛い1号と足が腫れてるおじさんと山歩き。

恵庭岳に向かうも途中のみぞれに恐れをなして予定変更。
南区方面が良さそうなので、お手軽に定山渓の夕日岳へ。

登山道が落ち葉で埋めつくされて晩秋感満載。
KIMG0070.jpg

1000ⅿ越えの山は、そろそろ雪景色
KIMG0068.jpg

お、お、お、、、あれに見えるは定天じゃないの?!
KIMG0069.jpg
やっぱり、どこから見てもカッチョえ~~ね~~。

穏やかで、登山道も歩きやすくて、紅葉もまだ楽しめて。
KIMG0073.jpg

しかも!!
KIMG0074.jpg
あっちを見ても、こっちを見てもムキタケ&ムキタケ、そしてムキタケ、おまけにムキタケ。

夕日岳はムキタケの山だった。

KIMG0072.jpg
おじさんのザックが重さでかしいでる。

秋は、キノコと紅葉とおじさん!!

追:こんなん取れました!
KIMG0075.jpg
                         
                                  
        

十勝岳周辺

category - 登山
2016/ 10/ 19
                 
2~3日前の凌雲閣のFBには、駐車場、山並みが雪に覆われていてすっかり雪景色

タイヤ交換した4号ちゃんのパジェコに便乗して
1号もやってまいりました。
KIMG0055.jpg
ところが、おや~~~~!
雪が無い!しかも暑い

寒いよりはいいかと思い直して出発
KIMG0056.jpg
こりゃ~~プラブーツにしなくてよかったこと!

KIMG0058.jpg
沢水の流れる音が涼しげ。
去年は、激暑だったけど、もう少し雪があったよね~。

でも、ここから沢を渡って稜線に出るまでの日陰のトラバースが怖い!
残った雪がカチンコチン凍っていて、ものすごく滑る。
本日の核心部でした。

稜線に出て振り返ると富良野岳の稜線。
KIMG0059.jpg


反対を見上げると十勝岳が見える。
さ~行くぞ!!と気合を入れたいところだけど、時間は12時。
ここで終了!!早っ!!!
KIMG0061.jpg
この写真、なんとなく坂本直行さんの絵に似てるよね。

来年は、お向かいの三段山に登りたいな~。
十勝岳から縦走してくるのもいいな~。

このあたり、いい山ばかりだから、
上ホロにこだわらずに上ホロ界隈登山でもいいかもね。

それには、もう少し気合入れて計画しようや


                         
                                  
        

シャクナゲ岳(長沼周遊記)

category - 登山
2016/ 10/ 09
                 
天気は今三くらいなれど、ちょっと山に登らないと・・・・さんざん迷ってニセコのチセに行こうと決めた。
前日ぶ~2号から体調不良の連絡が入って、最近はやりの?お一人様になっちまった。

ニセコの紅葉は今年は良くないとの事前情報どうり、紅葉は・・・・なんじゃこりゃ?ってかんじ。
くもりで、上はガス。チセの登山口も、大谷地の駐車場にも車は全くない
それで勝手に計画を変えて、8時半神仙沼の駐車場に車を置く。がらがら。
なんか建設会社のロゴの入った反射シールをつけたおじさん達が10人近く集合していたので、なんか工事でもするのかなぁ~~?って思いながら、どこまでいこうかしらん?ともはや消極モードに突入。
だって、ガスってるし、風あるし、人もいないし、紅葉だってだめだし~~etc.etc.根性無しブ~子3号

歩き出すと、駐車場と違い風はほとんどない。てこてこ、長沼に到着。
「お~~???、水少っくない」春に来たときは登山道まであふれていた水面は、怒濤の後退、3分の1くらいになっていた。
IMG_3231.jpg

これは~~、歩けるやん?一周できるんやないかぁ?
そう言えば、2号が昔歩いたこと言っていたような気がしてきた。
行ってみましょう!!GO,GO
時計と逆回り、登山道と同じ方向に歩いてみる。
快適。途中1本の水の流れが・・・・奥からチョロチョロ水が流れていた。
IMG_3241.jpg

水の近くは靴が全部汚れてしまうほどのぬかるみではなく、3センチ位ふんにゃあって沈む感じ。
IMG_3244.jpg

一番奥まで行くと、水の流れた後が深~くえぐれていた。遠くに水面が見える。
IMG_3247.jpg

さて、どうしようか?このまま1周しようか?
地図を見ると、この辺で登山道が向きを変えて、一気に分岐へ向かうあたりだ。
登山道はすぐ縁にあるはずだから~~おっ!!これは??登山道です。
登山道に出ると、そこから1mほどで、分岐へ向かう直登でした。

ここまで来たから、登りましょうか・・・分岐まででも・・・(あいかわらず消極モードのぶ~3号)
あっという間に分岐について。あたりはガスでんがな。
ここからチセに登るはずだったんだけど・・・ガスだし~、秋だから熊さんが~~他の人も歩いてないみたいだし~
ふと、シャクナゲ方面を見ると、おじさんが一人歩いているのを発見
それを見てブ~子もシャクナゲ登りに変更。
へなちょこではない!!慎重なんだワイ!!と心の中で弁解する。
シャクナゲに登ったけれど、ガスでなんにも見えない。結局おじさんと二人。
今日はこれから誰も来ないかな・・・と思って下山を開始したら、なんと、来るわ、来るわ。
天気も予報通り少し回復して、チセにニトヌプリ方面も見えてきた。
IMG_3263.jpg

春には樹木が茂って見えなかったけれど、この時期は登山道から下の方にまた長沼が見えてきた。
IMG_3266.jpg

あがってきたところから又沼に下りて、残り半分(登山道の向こう側)を歩いてみる。
ここらあたりが水の限界なんだろうと思われるところに、青々としたこれは苔ではないし?なんだろう?境界線を縁取るように茂っていた。
IMG_3268.jpg
IMG_3274.jpg

縁を歩いて、水調節の施設なのだろうか?パチリ
IMG_3289.jpg

このあたりからチセ方面。
IMG_3290.jpg

沼からあがって何とはなしに立て看板を見ると、危険なので沼に近づかないでくださいって書いてるわ
早く言ってよ~もう歩いてしまったわ・・・・

この後神仙沼に寄る。
IMG_3292.jpg

木道脇のこの日一番の紅葉
IMG_3296.jpg


駐車場へ戻ってきたら、駐車場は大型バスを含め、超満杯だった。
さっきの建設会社のおじさん達は駐車場の整理の為のおじさん達だったんですわ。
いや、さすが、ニセコだわ。

この後、久しぶりに雪秩父温泉に
湯気がすごい、大湯沼。
IMG_3302.jpg

白濁の硫黄泉は大のお気に入りの泉質。
あごまでたぷたぷして、眺める紅葉が今日の一番綺麗な紅葉でした。

お湯からあがって車に戻ると、大混雑!!
並んで駐車するのを待っている。
あ~冬もすごいけれど、秋も恐るべしニセコ


この後ブ~子3号は、あっちへふらふら、こっちへふらふらと買い物モードに突入。
ん~ん、登山はちょっびり。遊びそれなりの一日でした。
温泉が良かった!!


       ぶ~3号、 J子