〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
登山

落ち葉の登山道、、有珠山

本日の登山は、ハーレム山行であります。
1号、3号、Aちゃん&Jおっちゃん。

寒風の中、登ったことがない有珠山へ。
伊達ICで下りてしばらく進んで有珠山の登山口。
駐車してすぐに、高速の下を歩きだします。
KIMG0674.jpg

登山道は落ち葉が敷き詰められて晩秋の装い。
すっかり裸ん坊になった木々達。
KIMG0676.jpg

登山道にはところどころにベンチ。
もう少ししたら、ここでゆっくり休みながらの登山になるのね、私たち、、、、、。
KIMG0679.jpg
伊達市が整備しているのか、階段も!
若干歩きにくい。

1時間を少し超えて外輪天望台へ到着。
KIMG0683 (1)
手前が小有珠で、隣の稜線の左端が「有珠新山」であります。
KIMG0685.jpg
ここに書かれているものを要約すると、1977年の噴火で
この有珠新山が1日に1mのスピードで隆起し始めて、5年間で180mの新山に
なったのだそうです。
見る見る間に山が膨らんでいく光景って想像するだけで恐ろしくなりませんか?

展望台にあった写真よりも実物はもう少し高く見えたので、
今も隆起し続けているのかも、、、、、、

KIMG0686.jpg
水蒸気もまだまだ活発に出てますよ。
KIMG0688.jpg
噴火口側とは反対の斜面からも!!
寝ころんだらこの辺も暖かいのかもね。

噴火前は外輪を歩けたんでしょうね~。
KIMG0684.jpg
今は立ち入り禁止に!

今日は、全体を回れないまでもロープウェイの駅までは行ってみる計画です。
東の方へ歩きはじめると有珠山名物「600段の階段」が見えています。
ヒョウへ~~~長いな~~~~~
登るより下りる方がつらいかもね、我々はシニア隊は!

ところが100mくらい進んだらなんと冬季通行止めになってました。
KIMG0689.jpg
ガビョ~~ンダメじゃん!!

いやいや行けるしょ!!なんでもないしょ!!と駄々をこねる
Jおっちゃんを羽交い絞めにして、引きずるように
下山してまいりました。
ったくこれだから、、、、
やんちゃなんだから~。
登山者はルールは守りましょ!!

宿題を残して終了した有珠山登山。
来年行くだろうか、、、、
行かないかも、、、

帰りに壮瞥で買い物して帰ってまいりました。

おしまい。

スポンサーサイト
登山

余市 シリパ山

11月3日は文化の日

1号&3号、M姉とAっちゃんで巡礼登山であります。
余市神社でお参りをして先に進みます。
KIMG0661.jpg

100ⅿくらい、狭い舗装された道を登っていくとお寺があります。
適当に観光しているので忘れてしまったところもあるのですが、
このお寺は「高野山で修業したなんとかさんが積悪の重罪を懺悔するために建立した」らしく、
88か所の地蔵がこのお寺の奥の登山道にあるのです。
たぶんですが、今はこのお寺は使われていないと思われ、
(檀家さんがいなくなったんでしょうかね~、、、推測です)
ネットで調べると、88か所のお地蔵さんは、ここから少し離れた
密厳寺(みつごんじ)が管理しているとありました。
薄い記憶と推測の記録です、間違っていたらごめんなさい

ということで八十八か所巡りの始まりです。

登山道に入ると落ち葉が敷き詰められて、
きれいなんだけど歩きにくい。
そして、結構急登です。
KIMG0662.jpg
お地蔵さんには「大日寺・極楽寺」などなんとなく聞いたことがある
お寺の名前が刻まれています。
これも調べると四国八十八か所巡りのお寺の名前と合致するところが
たくさんありました。

3号ちゃん、腰を低くして早速懺悔です。
KIMG0663.jpg
浄化され清らかさがCOME BACK AGAIN

余市の海を右手に見て、わずか300ⅿにも満たないシリパ山ですが
なかなかハードなのであります。
KIMG0666.jpg

1時間を少し過ぎてシリパ山にPに到着しました。
断崖絶壁すぎて、さすがに恐怖を感じました。
KIMG0670.jpg

KIMG0671.jpg
シリパ山は、看板じゃなくて石でありました。
信者さんが運んだものでしょうか?
なんとなく山全体にスピリチュアルなものを感じます、、、、、
ホントです

Pまででお地蔵さんもほぼ半分。

下山時に完全に倒れたお地蔵さんを一体「救助」し、
元の形に復元して参りました。
今後も楽しく登山が続けられるというご利益で
手を打たせていただければありがたいです

2時間ほどの巡礼でありました。
我々の重罪は浄化されましたでしょうか?
明日から再び清らかな気持ちで生きていきたいと思います!(キッパリ!!)

帰りは、燻製さん屋に寄ってお買い物。
忍路のパン屋さんでもお買い物。

体を動かし、美味しいものをGETし、
おしゃべりも楽しく、今日も幸せな一日でありました。

シリパ山

登山

稀府岳~天狗岩

1号と3号で稀府岳。
調子良ければ、天狗岩まで。
&壮瞥回ってのお買い物、、、、、ちゅう計画です。

札幌にいた方がいいんだけど、登ったことがない伊達は稀府岳。
昔の夏山ガイドには載っていない新しい山なのです。

KIMG0620.jpg
目立たない登山口をGOOGLEのお姉さんに教えてもらいました。

KIMG0621.jpg
お尻愛の木。
登山道にはこんなナイスな標識!
腰掛けるサイズと言い高さといいたいへんGOODなオシリアイです。

無風だった樹林帯を抜けると突然の強風。
ギョ~~~!!
尾根の向こうに風力発電の羽がクルクル回っております。
元々風は強いところなんでしょうな~~。
KIMG0625.jpg
そんな中に耐えて鎮座するは、ガマでございます。

KIMG0628.jpg
1時間少し過ぎて稀府岳。

ちょっとだけ先に進んでみよう!

ササがきれいに刈られていています。
KIMG0631.jpg
来た道を振り返って。

KIMG0633.jpg
奥稀府を過ぎるとどんどん尾根が狭くなってくる。
しかも、どんどん下ろされる。
KIMG0635.jpg
そしてさらに尾根は危険度をまして!
KIMG0637.jpg
何さ、この細尾根!!
危ないっしょ!!!

こんなところが数か所。

右に落ちたら途中では絶対とまらない。
そのままズドンです。
よせばいいのに谷を覗き込んじゃあ腰が引けるというアホな二人。

そして、ちょっとだけ進むはずだったのに、
稀府岳から小一時間で天狗岩に着いちゃいました。
KIMG0642.jpg
KIMG0638.jpg
もう一度来ることがありやなしや、、、、、。

ドンドコ200ⅿ下ろされた登山道は、必死に200m登ります。
下山という名の登山です。

稀府岳まで来ると登りですれ違った仲良し3人組の
地元の登山者がいました。

稀府岳

地元の同好会のメンバーで、6年前に稀府岳までの登山道を
整備した方々でした。
一か月半掛かったそうです。
お疲れ様でした。
ありがとうございます。
そして稀府岳から天狗岩までのルートについては、
別などなたかが整備されたんですね。

風が強く、途中で雨に当たりましたが
キノコもGETして楽しい山でした。

帰りは予定通りに壮瞥でリンゴを買って帰ってきました。

おしまい


登山

寒々しい白樺山~シャクナゲ沼

1号、3号で新見峠まで紅葉の中をひた走る。
今日の予定は白樺山~シャクナゲまで。

でも1号は、すでに昨日の夜から勝手にのんびり登山と決め込んで、
「1号は一人ポツネンと待ってるから、沼の畔に捨ててって、、、
シャクナゲは、パスする気満々。

晴天のはずの日曜日。
峠は、寒!!
3号ちゃん「沼までしか行けないかもね」
1号「そお~~~~~

白樺山は、雪がある時は数回登ったことがあるけど、夏山は初めて。
KIMG0607.jpg
登山道はきれいに笹刈りされていて、とても歩きやすい。
ながらかな斜面を30分くらい登ると稜線。

日が差して暖かそうに見えるけど、結構寒い。
防寒のジャケットは、常時着たまま。
KIMG0608.jpg

稜線から見下ろすと小さな沼発見!
KIMG0609.jpg
来年は「北海道の秘湖」をめぐる登山でもしようかしら。
一応「白樺湖」と命名。

小一時間で白樺山に到着。
KIMG0612.jpg
3号ちゃんの向こうに目国内山のP。

さて、寒いけど沼目指して行きましょう!
ときおりが舞う。
登山道は、大岩を上がったり下がったりしながらの道となる。
こういう道は帰りが嫌だよね~~。
KIMG0614.jpg
沼が見えた!

見えてからが長い!
まっすぐ、沼に下ろせばいいのに!!
なんでこんなにトラばるかな~~。
ブーブー。
KIMG0617.jpg
白樺山から、1時間掛かって沼。
真正面に目国内。
風が通り抜けて、サブ!!
シャクナゲのPは見えているけど、今日はもういい。
帰ろう!!

峠に戻ると13:00。
そこからニセコの街を探検に出かけることにする。
ひらふ、アンヌプリ、東山、、、、。

江戸時代の長屋みたいなコンドミニアムがあったけど、外国人はいなかったな~。
確かにオサレなロッジやログハウス、高級住宅はハイソな雰囲気を醸し出しているわね。
チャイナマネーかしら、、

2号ちゃんがいないので今一ニセコの地図がわからない。
全容を把握できなまま、帰宅!
美味しそうなベジタボ~~のビュッフェレストラン発見したので、
今度、みんなでご飯食べに来ましょ!!

おしまい 

登山

秋の三段山

9月24日日曜日、そう言えば昨日は秋分の日、お彼岸だったんだね。
MORIMOTOにおはぎ並んでたわ。

1号・3号に久しぶりに4号ちゃんで白銀荘から三段山。
こっちのルートは、山スキーのイメージしかなかったけれど、
調べるとちゃんと登山道があった。
行った事ないから行ってみよう

KIMG0534.jpg
9時45分、白銀荘前スタート。

KIMG0536.jpg
登山道はキャンプ場の前から始まっています。
今日は、登山道の両端の笹狩り作業をしていました。

昨晩降った雨のせいか、ドロドログチャグチャです。
帰りが心配だ~~と言いながら我慢して進んで行くと
きれいな紅葉が!!!
KIMG0541.jpg

KIMG0542.jpg

KIMG0543.jpg
KIMG0544.jpg
紅葉が近くて、感激!!
ここの紅葉がこんなにいいなんて知らなかったよね?!

噴煙と十勝岳
KIMG0545.jpg

あれを一越えすればPです。
KIMG0546.jpg
少し雲がかかっています。

2時間でP到着です。
KIMG0550.jpg

一面ガスで何も見えなっかたけど、しばらく待っていると晴れた~~~~
KIMG0547.jpg
八つ手の岩稜、北西稜、、、、、上ホロのピークが切れた、、、、

KIMG0548.jpg
大砲岩から続く上ホロまでの稜線。

三段山側からの景色を見たことがなかったので、とっても新鮮。
しかも、上ホロ界隈やっぱり素敵だ!
冬になったらもっと素敵!
グフ、魅了されます

さて、来年はどのルートで来ようかしら?
滝はないだろうけど、沢をつめて来るっていうのはどうかな~?

帰り、ドロドロに足を取られないように気をつけて歩いてきたのに、
刈られた笹に引っかかって大転倒
ギャーーーー

笹狩りご苦労様です

このカテゴリーに該当する記事はありません。