〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山スキー

ワイスホルン

ワイスホルンの東尾根を滑りたいね

閉鎖になっていたスキー場は、外国の会社がCATスキーをしていて、
エリアの中には入れないようなのです。

なので、春になるのを待っていました!

ホテルの近くに車を留めました。
ちなみにホテルはすでに休業中!
冬季休業ではなくて改装のためだとか、、、。
1年半は休業するみたいです。

さてさて、旧スキー場から登り始めました。
KIMG0008 (1)
スキー場から樹林帯を通って東尾根に向かうはずだったのですが、
登りやすそうなスキー場をそのまま進んで行きました。

2時間も歩くと稜線に着きました。
IMG_6984.jpg
巨大なアンヌプリをBACKにステキな私!!!


KIMG0026.jpg
ワイスのPまではもうすぐ!!

と、、、、あら?どこかで見たおじさん!
N野さんじゃないの~~~~~。
若いお嬢さんも交えた6~7人のパーティー。
それにしても、山での知り合い遭遇率が高いわ~。

帰りは東尾根に向かってGO!
シャバシャバでとっても滑りやすい!
楽しいわ~~。
KIMG0027 (1)
遠くに我らのシュプールが見えるんだけど、、、、、。
なんと上手!!

ここまで滑り下りてくるとCATスキーのエリアは広大だという事がわかりました。
シーズンにこの尾根を登るのは難しいんでしょう、きっと。

というこで結局、スキー場を登ってスキー場を滑り降りてきました。
まあそれはそれで楽しかったですけど

おしまい

スポンサーサイト
山スキー

敷島内山

敷島内なのか敷島内山なのか不明です。
誰が呼んだか知らないけれど、みんなが知ってるかと言えば知らないと思います。
地図表記もないですし、、、。

岩内に入ると白樺山やら奥に目国内やらニセコ連山が鎮座しており、
真っ白な岩内岳が雄々しいのです。

今日は、ピヨピヨ隊の3人とJおっちゃんと、おなじみのSETで来ました。
最近、Jおっちゃん、周辺のおじさん’Sに羨望のまなざしで見られるとか見られないとか、、、、。

岩内の街から林道に入って除雪最終ポイントまで行きます。
P3250772.jpg

林道を10mくらい進んで尾根に取りつきます。
KIMG0009.jpg

尾根はPまでまっすぐ!広い尾根を進んで行きます。
KIMG0010.jpg

中腹まで登って振り返るとSO ビューティホ~~
青空にポッカリと山並みが浮いているよう~じゃないですか~?!
中島みゆきも歌っております。
空~と海との間には~って。
KIMG0012.jpg

KIMG0014.jpg
晴天の空に向かって歩いて行きます。

と、段々クラストして斜面がカリカリのテカテカです~~
キャ~~滑落しませんか~?
Pは目の前に見えているのに~~~~~
あと10m、、あと5m、、慎重に進んでとりあえずハイ松帯に入ってやれやれ


KIMG0015.jpg
へっぴり腰で登りきるとついにPです。
テッカテカです。

KIMG0023.jpg
P看板も何もないところで岩内の街と日本海をBACKに
こっち向いて~~~~

P3250775.jpg
Pから続く稜線。
どこもかしこもカリカリ!テッカテカ!!

さ~~~転ばずに帰りましょう!

少し下がるとシャバシャバ雪で良く滑りました!

もう春ですよ


おしまい

山スキー

上砂川御料山&おまけ

1号+で定山渓の白井岳に向かう。

我が家の周辺は、ピーカンだったので、
このまま行ける~~~~~と思ったのですが、南区に近づくにつれてワサワサ降り始めた。
前も見えないよ!

ということで急きょ引き返して、お天気が良さそうな上砂川へ!
行ってみたら、
KIMG0001.jpg
雲一つない快晴

なんでこんなに違うかな~~~

登り始めると10人くらいのボーダーが急斜面を登り返して遊んでいた。
雄叫びやた歓声やら楽しそうだわ。

KIMG0004.jpg
向こうのあの白い山肌は滑れないのかしらん?!

1時間半ほどで御料山のP
KIMG0006.jpg
P看板も何もないの。
付けてくれたら嬉しいわね~~。

帰りはいつもの沢へ滑り降りたけど、あまり雪は良くなかった。
ちょっと重いくて、登り返しもしないでそのまま下山。

駐車場着がまだPM1時前。
ちょっと物足りないので、帰りに三笠スキー場に寄り道!

スキー場は狭いんだけど、両端の「濃い樹林」が厳しいBCのエリアに
なっているらしく、何本もスキーのトレースがある。

管理者が立てた黄色い看板に「BCは禁止!でもBCは否定しない」と書いてありました。

ふ~~~ん、これはなかなか絶妙な文じゃないですか?!

ということで、6本、ゲレンデとそうじゃないところも絡めて滑って来ました。
疲れました!
リフトで登って滑って来るだけなのに御料山より疲れました。

でも、楽しかった!!
やっぱり深雪を滑るのは楽しい!!

おしまい

山スキー

夕張 鳩ノ巣山

予定していた山は、強風の天気予報

早々に諦めて、穏やかなお天気の場所は??
ということで、夕張鳩ノ巣山に行ってみました。

いつものように3ピヨとYピヨさんとMおっちゃん。

少し雪が降るみたいだけど、風が穏やか!

KIMG0773.jpg
この尾根に取りつく予定です。
夕張市役所に車置かせてもらいました。

尾根をまっすぐ進んで行きます。

KIMG0775.jpg
背が小さくなって行くJピヨ

KIMG0777.jpg
頑張るYピヨさんとAピヨと後ろからMおっちゃん。
Yピヨさん、スキーの上達ぶりはどうだい?
殻から足が出たのかい?まだ殻に入ったままかい?

Y:まだで~~~~~す

KIMG0778.jpg
樹林は濃いけど、これなら滑れそうだ!
まあ、ここには帰ってつもりだけどさ。

KIMG0780.jpg
1時間半ほどで、頂上につながる平地に出ました。
結構あっという間だった。

KIMG0784.jpg
着きました!!

ここからシールを外して、沢へ滑り降りました。

なかなかのオープンバーンもあり、樹林の中は雪質がよく、
若干凹凸があるけど結構楽しいです。

Yピヨさんも、想像してたより上手だ!
ボーゲンで慎重に下りてくる!!
荒い息づかいが聞こえるけど、すっごく頑張ってる!
ボーゲンでもとりあえず下りられるようになれば、きっと上手になるよ。
立派だったよ~~~~~~~~。

というわけで、最後は予定の林道には出られず、若干サバイバルだったけど、誤差の範囲という事でいいんじゃないですか?!

12時前には、もう駐車場に到着いたしました。

全道的に荒れた天気で、撤退の情報が入る中、
たいへん楽しく遊んでまいりました。

鳩の巣山
ちょっと遊びたい時にいいところです。
また行きたいわ



山スキー

フワッフワの股下山

ピヨ1、ピヨ2は、Y・YkaさんとJおっちゃんを誘って軽~~く股下山。

KIMG0751.jpg
雪がね、とてもいい!!

見上げれば、青空で気持ちがいいよ
KIMG0753.jpg

なんとなく、例年に比べると積雪が1mは少ない気がする。
樹林帯がちょっとうるさい。
そんなことを話しながら登って、1時間半ほどで前面にオープンバーンの稜線の肩に到着!

ここから滑って遊んでもいいけど、お天気もいいしもったいないからP行こうよ!
30分くらいで行けるしさ!

ということで稜線のアップダウンを越えて股下山!
KIMG0754.jpg
看板がすごく上にあって、一度見落としてしまった。
30分で来るかと思ったけど、思いのほか1時間は掛かった。

シールを付けたまま下山。

肩まで下りて、そしていよいよ準備を整えて滑降です。
KIMG0756.jpg
雪質が素晴らしい
2ランクくらい上手になったような気がする。
すいすい曲がるわ!粉雪は飛ぶわ!

我々よりも孵化したてのY・Ykaさんも出だしの10秒くらいは、
ものすごく楽しかったと言っていた!
登り返して遊ぼうかと思ったけど、登りで結構時間掛かったので
一回の滑降で終了して、そのまま下山。

親鳥不在でが生まれたてのの面倒を見ながら
下山してまいりました。
スキー下手はスキー下手な者にしかわからない世界だからね~~(^^♪

それにしてもいい雪だった!
楽しかった。
もっと遊びたかった!

だから、最初Pは目指さすに登り返して遊ぶって言ってたんだから、
あ~たがPに行くって言わなければもっと遊べたでしょ?!

え~~~?!
だから途中でどうする?って聞いたでしょうよ?
あのときやめるって言えば途中で引き返したのに~~

アワワワ(開いた口がふさがらないっていうやつ?)

という会話がいつものように繰り広げられた山行でありました。

それにしても、股下山が今季最高の雪で終了にならないことを祈る!

おしまい



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。