〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
クライミング

外岩も今シーズン最後かな~

この季節のクライミングと言えば、洞爺湖畔の「義経岩」が定番。

場所柄、暖かくて見晴らしがよくて岩も乾いていて、岩納めにもってこいだ

平日なので、貸し切り

みんなやりたいルートをやりたい方法で取りつく。

1号は「大人の日」と「いちご農園」リード。
トップアウトはしたけど、ノーテンで行けるようになるのはいつかな~
各駅じゃなくて快速くらいで疾走したいものだわ。

2号ちゃん「いちご農園」
核心部を超えたところでテンション!
でも本人は、先週より進んだとご機嫌

クライミング友達Ykaちゃんは、「いちご農園」リードで最終ピン手前でテンション。
惜しいね~~~

今日は、ゲストさん1名有り。
クライミング好きになってくれるといいけど。

男子3名も銘々に楽しんでいたみたいだけど、自分の事に
目いっぱいで何してたのかさっぱり

帰り道
KC4F0274 (1)
隠れつつある陽に照らされる水面
暖かな晩秋の1日だったね。


スポンサーサイト
クライミング

日曜日の義経

休日にフリークライミングをすることはあまりないのに、
晩秋のうららかな陽気に誘われて、洞爺湖畔「義経岩」に行ってきました。
ML_KC4F0271.jpg

晴天の割に岩が冷たくモチが上がらない
たった二つの携帯カイロを5人で奪い合い

今日は、「プリンセスロード」に挑戦してみましたが、核心部に行く前に敗退
メンタルが弱かった。
なんとなく今日は、クライミングに集中しずらい環境だったからな~~。
ちょっと言い訳だけど、、、。

その代わりじゃないけれど、4号ちゃんは実りの多い日だった
「ならの木」も「看板」もリードできました。
「ならの木」に初めて取りついた日を思うと、感慨深いわ~~

今シーズンは、後何回登れるかな~。
気持ちよく登れる暖かな日に、気持ちのいい仲間と
もう一度楽しいクライミングをするぞ~~

RP目指して、気持ちに負けないように
とりあえず美味しいものを食べて
湧き上がるパッションを~~~~





クライミング

石垣山クラックclimbing ブ~子はさまれる

ー下部追記ありー

2015年5月30日 1号・4号&1号夫とかYっちゃんとか現地でいろいろな方々と。

ブ~子4号祭り

はさまれる4号
ML_KC4F0192.jpg
「野崎村」の上部
体全身をクラックに入れ込んで登るのを「オフィズス」って言うんです。
どうやって登るかというと体を入れたら、モニョモニョ、ズリズリって登るんです。
汗だくだ~~~

リードする4号
ML_KC4F0191.jpg
「ルート130」の途中で、岩と一体感にひたっています。
ルート130っていう道がどこかにあるのかと思ったけど、
ひょっとして√130なのかも、、、。

再びリードする4号
ML_KC4F0195.jpg
石垣を代表する名ルート「ナルコレプシー」
手のひらをニュッと入れ込んで、膨らませたり握るようにしたりして
クラックにくさびを打ち込むようなイメージを持って登るのです。
実にマニュアックですわ。

1号はどれもこれもTRで試登って感じで、クラックが何者?であるかを
解明している途中です。
フィンガークラックってなんですの???
とりあえず、もう少し練習してみよっと!!

石垣山につきもののダニーズも付かなっかたんで
そこんとこはよかったわ

たびたび登場の1・2・3号に続いて4号も登場いたしました当会。
さて何号までいるのでしょうか?




こんにちは。
4号です。
「もう一匹いたのか!」という声が聞こえてきそうですが。


ご覧の通りのLサイズでございます。
ちなみにブー子は1号2号がSサイズ、3号4号がLサイズ。
このようなフォーメーションでお届けしております。


クラック。
クラックは楽しいですねー。

でもこの日一番の収穫は重鎮1号の「楽しかった」の一言でしょう。

また行きますよ。

クライミング

ナック

2015年4月11日 ナック ブ~子&マダム

パッとしない天気なのでインドアクライミングをした。
外岩のトレーニングとしては、被った壁に耐えるということと、
細かいカチで耐えるというもの。

何をどうしたところで、楽ではなく、苦しいばかりの遊びなのだ。
果たして苦しい事を遊びというのかどうか、、、、

ブ~2のmm子ちゃん、あまり指を酷使しないところで本日の結びの一番
KC4F01500001.jpg
翌日は、音楽発表会
趣味もアウトドアとインドアと2刀流女子なのだ。

マダムM邸のクライミングは、さすがマダム。
IMG_05650001.jpg
体幹がしっかりしているところがゴージャスなのだ
若い人でもなかなかこういう姿勢は取れないもの。う~~んゴージャス

ブ~1は今週の義経に向けて、ブ~3J子は来月の赤岩シーズンの幕開けに向けて、
あれやこれや課題をやってみる。

マダムが翌日、中山峠から喜茂別岳に山スキーで行くと言う。
むか~~し、もう少し早い時期だったけど、同じルートを行って、
行きも帰りもただただ歩いたのを思い出した。滑るところではなかった。
そして結局Pにも着かなかった。
辛かった。泣きたくなった。
ムッシュ~&マダムM邸は、泣かないで喜茂別岳行けただろうか、、、、。


クライミング

義経岩

2015年4月9日 ブ~子2匹&越後屋さん&巨匠

クライミング愛好会 Mクラブの活動日
平日にクライミング、、、、、贅沢な時間、、、ウシシシ

今日は、日が照っているけど寒~~~い

本日同行の巨匠&現地集合でM下組の3名合わせて
男子4名のシニアオーラは半端なくて、
ブ~子と越後屋さんは若干、普段よりひっそり感漂う。
150409_1542~01
今日はPMなんとやらも飛んでないみたいで、
きれいだな~~~~~

そんな中でも越後屋さんは静かに飛ばします。
150409_1212~01
「弁慶」
最後の核心で残念ながら、テンション。
でも惜しい~~~~。

その後、ブ~1もTRで「弁慶」をやってみた。
下で越後屋さんがいろいろアドバイスをくれる。
「そこはスタティックじゃなくて、パシッと飛びつくようにやってみてくださいよ~~」
越後屋さんは、辛抱強く出来ないブ~1に付き合ってくれる。
越後屋は「悪」ではなかった。

ブ~2のmm子は、「ならの木」2本目で本日のリードGET。
リード前、「吐く」かと思うほど蒼白な顔をしていて、
ブ~2の緊張感が伝わってきます、、、、、けど、そんなに緊張しなくても。
安心してお行きなさい!一ミリたりとも落としませんて!!!
おじさん達のおじさん話に付き合ってリラックスしたのか、
ブ~2、頑張りました~~。

へなちょこブ~子達も、少しづつレベルアップしてます。

150409_1541~01
T代さんが植えた水仙ももうすぐ咲きそうです。










このカテゴリーに該当する記事はありません。