〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
その他

礼文華古道

1号+ランナーの友人Sちゃんと
秘境 小幌駅~岩屋観音~礼文華山道の
日帰り旅に行ってきました。

自宅をで6:00に出て、礼文駅に向かいます。
ML_KC4F0358.jpg
駅前の駐車場に車をデポして、無人の礼文駅からAM8:30のJRに乗ります。
午前中にこの駅に停車する列車は、この一本のみ!!
乗り遅れるわけにはいかないんです。

噴火湾を眺めながら5~6分で到着。
ML_KC4F0360.jpg
秘境駅、小幌駅です。
線路のメンテナンスのために設置された駅なんだとか。
駅舎もなくホームしかありません。
でも新設されたバイオトイレがありました。
豊浦町、力入ってます。
海岸へ下りていく踏み跡があり、誘われるままに山道を進んでいくと15分ほどで
海岸到着です。
ML_KC4F0364.jpg
船で来る人のための桟橋だそうです。
ここを今も使っているのはわかりません。

そして岩屋観音
ML_KC4F0361.jpg
中は、広い洞穴になっていて、円空が彫ったっという仏像のレプリカがありました。

KC4F0363.jpg
狛犬もいました。

そこから今度は礼文華山道を目指して歩きます。
海岸から5~600m沢沿いの踏み跡と林道を登って国道。
そこから1,5Kほど歩いて山道入口です。
ML_KC4F0365.jpg
山道はだいたい6Kほど。
今日はお天気で函館の方までよく見えていました。
KC4F0366.jpg

でもこの山道、ずっとこんな林道です。
ML_KC4F0367.jpg
なんのアトラクションもなく、大仰に「古道」と名乗る意味があるの?
詐欺?などなど、口をついて出そうになったそのとき、
ML_KC4F0368.jpg
お~~~~~~!!
ついに姿を現した礼文華古道
ML_KC4F0371.jpg
こんな感じ
細い尾根上の木立の中に道らしき跡がついていました。

こんなところもありました。
ML_KC4F0369.jpg
土俵もなく、ただの草っぱらでしたけど。

古道と言われる区間は山道の三分の一?四分の一?
多分、古道を林道にしちゃって、昨今の古道ブームに
ちょっとだけ残っていた古道部分を整備したんじゃないかな~~。
もったいないことしたね?!豊浦町!!!

最後の山道歩きは不明瞭になって、粗目の藪を突っ切って、
山道歩きは終わりです。
友人は藪漕ぎなんて、子供の頃以来だ!!と言って楽しんでくれました。
山道の終了点豊浦森林公園から我々の始発点礼文駅まで
3~4Kちんたら歩いて帰ってきました。

全部で5時間弱のトレイルでありました。
次回のロングトレイルは有りや無しや??!!

終わってみれば結構楽しい小旅行でした






スポンサーサイト
その他

歴史探訪と秋の恵み

1号は、キノコメイト2名と札幌近郊の超マイナーな沢
「ラルマナイ川支流金山沢」へ秋の沢遊び兼キノコを求めて
悪天予報の中、出かけました。

沢は、近郊の小さな沢なんで改めて宣伝するようなものでもないんですよね。
PA110096.jpg

PA110097.jpg

紅葉がまあまあきれいだったかな?!
ML_KC4F0265.jpg
支笏湖近くの沢なので昨年の豪雨のせいだと思いますが、やはり倒木、巨岩が沢を埋め尽くして
遡行に時間が掛かり、苦労の割には全然距離が稼げなくて、おまけにハイテンションになるような
滝も無ければキノコもない。
小一時間も歩いて「飽きたコール」が頻繁に鳴る事態になりました。

沢はそんな感じです。
でも沢に罪はありません。

で、ここで沢よりも興味深いものを発見
PA110088.jpg
この建物は何じゃろ?
入渓前に発見です。

結論から言うと、このあたり一帯は、とある会社の持ち物の
鉱山跡で2000年代初めまで実際に稼働していたんだそうです。
その時の施設らしいですが、坑道の入り口ではなさそうでした。

鉱脈が発見されたのは、明治の初め。
何が取れたかというと、、、、、、高価なものですよ。

なんとなく、こんなところに一般人がいるのが見つかったら
「ヤバい」んじゃないの~~って言いながら歩いていたんですけど、
それも一部当たっていて、「監視カメラを設置してありますっ」て
結構新しい看板があるんです。
で、看板にあった会社名で調べてみると、現存の会社でした。

某会社は鉱山の再開を考えているらしく、、、、
ということはいまだに鉱脈があるってことで、、、、
その辺に落ちてるかもしれない高価なものを拾っちゃいけませんぜってことで、、、、、
やっぱり、キノコ、キノコって浮かれて一般人が立ち入っちゃいけないところだったんですね。
なんとなく、「立ち入るな!」的な雰囲気を感じたんですよ。
いずれは完全立ち入り禁止区域になる可能性もありそうです。

山奥には、一般人が知らない先人たちの歴史が眠っておりましたわ。

そうそう、最後の最後にキノコはムキタケを山ほどGETして
大満足でございました。

その他

ブログが寂しいから、、第2弾

シルバーウィークのある日

突然お寿司が食べたくなった。

AM9時半に車を走らせる。
向かった先は余市、ファミリーすしガーデンハウス。

お昼時は激混みになるので、朝ご飯を抜いてブランチとして
11時のオープンと共に入れば、ちょうどいい。

高速を飛ばして、現地到着は11時10分。
一番乗りかと思いきや先客がすでに数家族。ほどなく満席。

ML_KC4F0251.jpg
山の帰り、帰省のついでに寄って食べる「まかないすし」
さすがに大盛り過ぎて、1号はご飯は少な目。

ML_KC4F0252.jpg
娘ちゃんが食べた5色丼。
21歳の育ち盛り(?)
完食いたしました。

動けないくらいお腹いっぱい

他になにもしたいことは無いので、再び高速でPM1時半に帰宅。

山に登るかご飯食べるしか、やることはないのか?!って感じですが、、、



ないです




このカテゴリーに該当する記事はありません。