白樺山 ブ~子ついに登り返す

2015年4月25日 ブ~子3匹 1号2号3号

数年前の2月に共和町の清掃施設の前に車を止めてそこから登った。
もう一度行こう!
白樺山の北斜面は、いいんだよ~~。

ものすごく行く気満々、、、、、、、、でも、あら?
もう平地には雪がないんじゃないの?
ひょっとして、スキー担ぎ~の兼用靴でブッシュ漕ぎ~のでホコリまみれですか??

「2号ちゃん、これこれこういう理由で不安があるんだけど、、、、

「あ~~~いいところに気がついたね~~~~。
でもね、冬季閉鎖になっていたパノラマラインが開通しているかも、、、」
そして、開通してました!
ラッキー

といわけで3時間弱を予定していた登山が1時間半になっちゃった!!
DSC03852.jpg
白樺山の北斜面に続く尾根の末端に車で乗り付けて歩き始めます。

樹林帯を抜けるとオープンバ~~~~ン。

急登をフェッフェで登りきると
P付近は、雪が解けて笹薮が出てました。
DSC03860.jpg

スキーをデポしてPです。先週登った目国内岳をバックに
DSC03853.jpg

そしてお待ちかね。
ヒャッホ~~のザラメの下山です。
[広告] VPS

めちゃくちゃ楽しい~~。

DSC03858.jpg
2号mm子「ね~楽しかったから、登り返さない??」
という先生のお言葉で
DSC03859.jpg
ブ~子、初の登り返し
ワッセワッセ!!

2度目も滑りも楽ししゅうございました~~。

パノラマライン開通のおかげで
登り1時間、、、登り返し30分、、、超お手軽なれど、大満足の一日でした。




なんでこう晴れるんでしょう。
岩内岳を横目に、オープン斜面を滑るのはサイコー!!

ちなみに「登り返そう」と言ったのはbuko3号
3号が滑りながら「楽し―い!!」ッテ叫んでるの初めて聞いたよ。

新雪では「面白いでしょう?」と言っても「うーん、まだうまく滑れなーい。プンプン」
なんてにこりともしないのに
満面の笑顔で「おもしろーい!!」
エー?!
これは登り返すしかないでしょ。

そう、春スキーは楽しいんです。
今日のように青い空に真っ白なオープン斜面 美しい
先週登った目国内岳・回りの山々がくっきり見えて
「サイコー!」の1日でした。
2号


そうそう、滑り降りるのに緊張しまくって楽しくも何ともなかった試練は、あ~永遠に続くのかと思いきや、
それはいったい誰の話?
?あたしのことあらまあなたそんな冗談をオ~ホホホ・・・

パウダ~?任せなはれ人間なせばなる、豚もスキーを滑る!!

しかし、今後の課題はパラレル習得ですな・・・
何故って、豚のボーゲンは可笑しすぎる
                              でも永遠にボーゲンの  3号 J子
スポンサーサイト

目国内岳 ブ~子ご機嫌

2015年4月18日 ブ~子3匹&マダムM邸

春山スキーのメッカへ行った。
DSC03825.jpg
新見温泉から林道を進むと、正面に目国内岳のPが見える。
頂上直下の大斜面!あれを滑るんだ ヒョッホ~~

今日は、春ならではのルート、沢から上がる。

昨日までは、春の嵐だったけど、今日は晴れて気温もどんどんあがる。
どうしてこんなに晴れるんでしょ!
DSC03830.jpg
アチ~~~ どんどん脱いじゃう

沢から途中の小ピークを越えるまでが、本日の忍耐のお時間。
一番の急斜面で「頑張る!!」しかない。

そこを超えるとまもなく、Pまで続くオープンバーンが広がる。
DSC03834.jpg
進め!進め!歩け!歩け!止まったら、もう動けない!止まらずに行け~~~!!ってな感じです。
ワッセ!ワッセ!

DSC03842.jpg
歩き始めて3時間弱。Pの岩峰が見えてきました。

Pには10人くらいの登山者がいました。
他にも湧き出るように、あっちからもこっちからもスキーヤーが登ってきます。
バックカントリースキーを楽しむ人が本当に多くなりました。
ほとんどの人がいい斜面を登り返して滑るようですが、我々妙齢女子隊は無事に下山するだけで十分

さてさて下山しますか
DSC03847.jpg
ヒャッホ~~~
ブ~2mm子先生を先頭に、かっ飛ばして(本人たちはそう思っている)行きます。
滑る~~~~。楽し~~~~。ご機嫌~~~~~。
2レベルくらい上手になったかもヽ(^。^)ノ、、、、、錯覚じゃないって!!!

本当にもう一回くらい登り返したくなるくらい楽しい滑りだった、、、、、しないけどさ、、、、、

樹林帯に入ると雪質は変わって、重くて凸凹でスキーは回るけど太ももがパンパン
休み休み滑る。

登山も終盤。沢から林道に上がるのが、少しだけ難儀する。
足が疲れてて、進まない、、、、、。
駐車場まで滑り下りられるといいんだけど、沢は深いしな~~~~。

疲れたけど、めちゃくちゃ楽しい目国内岳だった!!!
来年も行くよね~。

新見温泉沢ルート
登り3時間 下山1時間半

いやあ、とっても楽しかった♪♪
ヘタッピ~な私も、超ゴキゲンに滑ってこれたワン。

でもね~、帰りの林道がすべらなくって・・・一生懸命漕いだの、そうしたら翌日上腕三頭筋が~~筋肉痛
(こんなことで上腕三頭筋使うなんて、新発見)
MM子先生も「辛い~」って叫んでいた。

帰りに羊蹄の麓のお豆腐屋さんによって、購入した商品と対はるくらい4人で試食しまくった。
で、心地よい疲労感と共に車の中であ~おなかいっぱいの幸せ気分の3匹にマダム。
でも、家でもしっかり食べました。 ひろうすが好きです!!  BY J子

ナック

2015年4月11日 ナック ブ~子&マダム

パッとしない天気なのでインドアクライミングをした。
外岩のトレーニングとしては、被った壁に耐えるということと、
細かいカチで耐えるというもの。

何をどうしたところで、楽ではなく、苦しいばかりの遊びなのだ。
果たして苦しい事を遊びというのかどうか、、、、

ブ~2のmm子ちゃん、あまり指を酷使しないところで本日の結びの一番
KC4F01500001.jpg
翌日は、音楽発表会
趣味もアウトドアとインドアと2刀流女子なのだ。

マダムM邸のクライミングは、さすがマダム。
IMG_05650001.jpg
体幹がしっかりしているところがゴージャスなのだ
若い人でもなかなかこういう姿勢は取れないもの。う~~んゴージャス

ブ~1は今週の義経に向けて、ブ~3J子は来月の赤岩シーズンの幕開けに向けて、
あれやこれや課題をやってみる。

マダムが翌日、中山峠から喜茂別岳に山スキーで行くと言う。
むか~~し、もう少し早い時期だったけど、同じルートを行って、
行きも帰りもただただ歩いたのを思い出した。滑るところではなかった。
そして結局Pにも着かなかった。
辛かった。泣きたくなった。
ムッシュ~&マダムM邸は、泣かないで喜茂別岳行けただろうか、、、、。


義経岩

2015年4月9日 ブ~子2匹&越後屋さん&巨匠

クライミング愛好会 Mクラブの活動日
平日にクライミング、、、、、贅沢な時間、、、ウシシシ

今日は、日が照っているけど寒~~~い

本日同行の巨匠&現地集合でM下組の3名合わせて
男子4名のシニアオーラは半端なくて、
ブ~子と越後屋さんは若干、普段よりひっそり感漂う。
150409_1542~01
今日はPMなんとやらも飛んでないみたいで、
きれいだな~~~~~

そんな中でも越後屋さんは静かに飛ばします。
150409_1212~01
「弁慶」
最後の核心で残念ながら、テンション。
でも惜しい~~~~。

その後、ブ~1もTRで「弁慶」をやってみた。
下で越後屋さんがいろいろアドバイスをくれる。
「そこはスタティックじゃなくて、パシッと飛びつくようにやってみてくださいよ~~」
越後屋さんは、辛抱強く出来ないブ~1に付き合ってくれる。
越後屋は「悪」ではなかった。

ブ~2のmm子は、「ならの木」2本目で本日のリードGET。
リード前、「吐く」かと思うほど蒼白な顔をしていて、
ブ~2の緊張感が伝わってきます、、、、、けど、そんなに緊張しなくても。
安心してお行きなさい!一ミリたりとも落としませんて!!!
おじさん達のおじさん話に付き合ってリラックスしたのか、
ブ~2、頑張りました~~。

へなちょこブ~子達も、少しづつレベルアップしてます。

150409_1541~01
T代さんが植えた水仙ももうすぐ咲きそうです。










トマム山 ブ~子風を避けて、、

2015年4月5日 ブ~子3匹 & マダムM邸

本日は、ブ~子と知る人ぞ知るプライベートclimbingウォール「M邸」の
マダムと、4人の女子パーティー。

道内どこも強風予報なので、比較的穏やかなトマム山へ急きょ変更。

トマムリゾートのツインタワーを見ながら、
トマム山へ続く林道の入口に駐車して出発。
DSC03811.jpg

トマム山の山肌に5~6本のゲレンデ跡があって、最近バックカントリースキーヤーに人気。
でも実はこのゲレンデ、営業したとかしなかったとか。
そのうちの一本を登ってみたけど、ちょ~~と狭いんじゃないの?
それにコースが傾いている?
DSC03814.jpg
ハイシーズンに押し寄せるスキーヤーを満足させられたのかしらね~~。
なんとなく疑問?

高度が上がるにつれて、すっかり成長しきったカラマツがゆさゆさ風で揺れている。
風が冷たい。
斜面もカリカリになってきて、樹林帯に避難するも余計に雪質悪く
ペンちゃんのようなよちよち歩きになってしまう。
しかもmm子先生、取り付けシールの塩梅がよろしくない!
雪質と合ってないんだね。
DSC03819.jpg
昔の山ヤは、みんなこれだったんだよ、、、とマダムに昔話を語るmm子先生。
mm子さんは、そんな昔にもう大人だったのね。
どうりでなんでも知ってるはずだわ!さすが、、、
いつものようにほめ上手なM邸マダム。

ビュービュー風が強くなって来た!カリカリ度も増してきた!
我らボーゲン隊!
もういいんじゃない?!帰ろうよ!!

一部林にもどりつつある旧ゲレンデを本当にボーゲンで慎重に下山する。
この時期のスキーは難しんだね。
DSC03813.jpg
こんな斜面は来年、パウダーの時に滑りたい。
3週間前の石山とトマム山、どちらも初めての山だったので、来年楽しみだ!!



ちなみにボーゲン隊の筆頭ははあたくしです。

シールを1枚剥がして袋に入れてそんな落ちる場所には置かなかったと思っていたのに、風邪が吹いてあれよあれよという間にその袋がまるでスキーを履いているように滑り出してしまった。

MM子先生と「止まるよね~」ってたかをくくって見ていたら、なんのカリカリの斜面を風に押されて滑るは滑る・・・
まあ、持ち主とは違ってなんて華麗な直滑降の滑り・・・

「あら、あらら~!何処まで行くんじゃ~?  あ、見えんくなった・・・>)」

林に引っかかってたのを1号が無事ゲットして、やれやれシール代が助かったワン
いろいろあるさ!!
ヤマスキー
     J子

フリーエリア
ブ~子バナー
プロフィール

Author:ブーコ4321
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも一覧

 赤鬼沢 AkaOnisawa
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示