〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
登山

下調べは入念に、、、余市岳後の塩丸

ブ~子1号2号、キロロスキー場のゴンドラを使って余市岳のPを目指そうと
超安易な登山を思いつく。
ひょっとしてタケノコもGETできるかも、、、、、
NICE IDEA~~~

例年、takenokerとタイアップさせてゴンドラが運行していた。
余市岳に向かう登山も超楽チンになったのだ、イェイ

2号「たけのこネットでゴンドラ情報見た。今年の情報は見つけられなかったけど去年は動いていた。」
こういう情報GETは2号任せの1号は、ゴンドラ代950円を調べて、合わせ技で完璧な下調べです!!!

毛無峠を越えて、センターハウス前に到~~着!!

ゴンドラも順調に動いて、ウィ~~~ン、、、、、、、、て、聞こえない、、、、、
広い駐車場にtakenokerもわんさか、、、、、、、、いない、、、、、、

なにげに漂う・・・・・閑・散・感・・・・・・

???????


あら~~~~~!!センターハウス、ホテルの入り口がCLOSE××

マジか~~~~!!!

崩れ落ちる1号2号、、、、、、ガッカリ感半端ない、、、、、、


ホテル ピアノで確かめるとゴンドラは、7月中旬から運行で土日のみの営業。

余市岳に向かう林道のゲートもしまっており、今更7KM以上を歩く気にはならない、、、。
と言うことで、塩谷丸山へ転戦したのであります。


長々と大げさに書きましたが、ゴンドラが動いていなくて余市から塩丸へ変更したと言う、それだけのことでした

ML_KC4F0227.jpgミヤマウツボグサ

ML_KC4F0229.jpgエゾマンテマ

ML_KC4F0230.jpgキリンソウ

ML_KC4F0232.jpgベニバナイチヤクソウ

ML_KC4F0228.jpg2号像

以上、エゾノ大花2号も含めて塩丸の花たちでした。

スポンサーサイト
登山

遅ればせながら定山渓天狗岳

定天に行ったのはもう2週間も前の話。
やっぱりブログ書かなくっちゃと思い、遅ればせながらの報告であります。

久々に3匹そろっての夏山尾根山行となった定天は、なるほど札幌近郊では見応えのある花の山でありました。

下の林道に車を置いて、てこてこ30分ほど歩いて、登山口へ。

昔2回ほど行っているのにもかかわらずほとんど記憶にございません状態でしたが、この日の前半ハイライトはなんと言ってもタチカメバソウロード
可愛らしい花を弓なりに咲かせていました。
IMG_1149.jpg

二輪草の中に、薄緑の花を見つけました。なんか緑のほお紅をさしたようでかわいいなあと感激して見ていたのですが、2号によると砥石山あたりには結構あるそうです
IMG_1156.jpg
IMG_1158.jpg

岩場に近づくと、アツモリソウはまだ咲いていませんでしたが(もうないのでしょうか?)エゾグンナイフウロの紫色がなんとも濃く美しく、群落と言えるほどたくさんのシラネアオイも咲いていました。これだけで十分すぎるほどの花の山です。
IMG_1172.jpg

この日一番感激したのはサクラソウモドキ。もどきなんてひどすぎる、こんなに綺麗なのに~初めてお目にかかれた花です。
IMG_1180.jpg

あとは、ミヤマオダマキの群落もありました。山のオダマキは色が濃くてコンパクトに咲いています
IMG_1178.jpg

ピークにあったこの木の花はヒロハガマズミでしょうか???IMG_1190.jpg

この時期は花が綺麗で札幌市街からも近いので結構たくさんの人が登っていました。
花は確かに綺麗で楽しめますが、沢沿いの道は虫が・・軍団で襲ってくる。立ち止まれません


そんな中でこの方達は目ざとく見つけた山菜をゲット!!
これはフキですが、その他にもいろいろと収穫して凱旋となりました


IMG_1191.jpg

めでたし、めでたし
                    3号 J子



未分類

ブーコ2号だっておひとり様オロフレしたさ

縮小2P6200014
日曜日は花の山は混むので土曜日6月20日にオロフレ山に行きました。
確かに札幌からは遠いー中山周りで2時間半
縮小2ベニバナイチヤクソウ
定山渓天狗岳では写真に失敗した、ベニバナイチヤクソウ今回はちゃんと写してきました。
縮小2モミジカラマツ
モミジカラマツソウとコイワカガミが満開でした。
おひとり様登山も乙なものです。

のんびり一人で歩いていたら、ガイドT山さんに会いました。お仕事中でしたので。
お邪魔をしないようにあっさりとご挨拶して別れましたけどねー

帰りはオロフレスキー場の隣にあった。夏限定のお蕎麦屋に入ってみました。縮小2我耕庵わこうあん
縮小2蕎麦
我耕庵「ワコウアン」
席は8席の小さな小さなお蕎麦屋さんです。

札幌まで又、一人長ーい道のり、金は無いが時間はたっぷりありますからね。

八剣山の一番奥の果物屋さんで苺GET。やっぱり美味しかった。



登山

オロフレ山

平日ひとりぽっち登山 1号

なんと登山歴かれこれ4半世紀
本日初登頂オロフレ山

どこにあるんだ!そんな沢!!っていうのは、たくさん知ってるんだけど、
メジャー級の山は、本当に知らないところばかり!
なので、どこ行っても新鮮ざます。

ML_KC4F0202.jpg
駐車場に絨毯のように広がっていたミヤマキンバイ、、、かな。
お花、超新人なもんで図鑑みてもわからない物がたくさん

シラネアオイの山で有名だけど、もうお花も終わっているかと思ったら、
けっこうまだあった。
ML_KC4F0213.jpg
登山道脇にも、樹林帯の中にも!!

ML_KC4F0206.jpg
ツバメオモト

ML_KC4F0223.jpg
イワカガミ 、、、、、ホフホフしたピンクがかわいい

ML_KC4F0216.jpg
これフウロでしょ?!

ML_KC4F0222.jpg
ハクサンチドリロード

お花見ながらあっという間にP。
笹とガスで何にも見えなかった。
このお山は、女子率が高い。
みんなおしゃべりしながら楽しそう。

それにしても道中の長いこと!
あまりに長くて、帰り登別から高速で帰ってきた。
たいへんお高い登山になってしまったわ
ブ~~~~~





未分類

石垣山 再びクラック

2015年6月7日 1号・4号&桃太郎

先週に引き続き石垣山へ。
軽自動車に3人と荷物でギューギュー。

天気予報のマークはどこの事?
ひんやりと冷たい空気に曇天。

ダニーズの侵入を防ぐために、長袖・襟有りシャツ・帽子は欠かせない。
そして頭から防虫スプレーをジャンジャン掛けちゃう。

ML_KC4F0197.jpg

ML_KC4F0201.jpg
「妊娠3か月」、、、、、、、、、、、、、を登る4号。
最上部、濡れてて緊張の場面も。
無言で戦ってたな~。

これのあと、みんなでTRで
「腹並びに頭」5・11dを触ってみました。
あまりの難しさに笑ってしまった。

石垣山は、エリアがたくさんあって場所を選ぶと貸し切りで遊べるので、
そこがいいところかな。

1号は今季クラック3回目。
いずれもTRだけど、「私は出来る子」らしいということはわかってきたので、
リードも視野に入れてもう少し練習してみよう。
2号・3号に出来る子だったって事を見せねばならん


未分類

ムラサキヤシオツツジの大群落でブ~子2匹何思う

3号は伏美岳が大好きだ

この10年近くあきずに毎年この時期になると、伏美岳に通っている。
何故かというと、ほぼ麓から9号目まで延々と山全体に広がるムラサキヤシオツツジの大群落が見たいから。

この間満開に遭遇したのはたったの2回しかない。
しかし、その2回の風景にまた会いたくて、3号の心は伏美へ伏美へと向かう

今年は2号も一緒なので、下調べして「咲いた」の情報を確認して出発。

結果は・・

IMG_1079.jpg

IMG_1084.jpg

咲いていた。
しかし、散ってもいた

たぶん、今週なかばの低温と雨にやられたのだろう。つぼみもたくさんあるのに、散っているという枝がたくさんあった。
まだたくさん残っているつぼみは温度が上がると咲くのだろうが、今日はガスのなかで・・・

それでも、たくさんのつぼみは濃い紫ががったピンクがガスの中に浮かび上がってそれはそれは幻想的で美しい。

ムラヤシオツツジを見て何思うのか、ブ~子2号
IMG_1093.jpg


この山のツツジは下りから見るほうがおすすめ。

最初は「あ~来週またこようかしら、そしたらこの辺満開?ん~どうしましょう」ぶ~ぶ~と言っていた2号
帰りには、「あら、綺麗。まあメルヘンチック。いいじゃない!!」 
3号も、今年もイマイチだったかしらん?って思っていたのが結構つぼみが綺麗なのに気をよくして、ぶひ~

咲いていないと言ってはぶ~、咲いてたと言ってはぶ~、ガスの中たたずむツツジ達のしとやかさとは対照的にかしましいブ~子2匹の山行でした。(これで、もう1匹いたらどんだけにぎにぎしくなるんじゃろ・・)

来年もまたその先の来年も3号の伏美もうでは続く

少し花が少ないけれど、伏美の花ロードのほんの一部

[広告] VPS



                     J子

該当の記事は見つかりませんでした。