〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
山スキー

こんなところにもタケノコの山が!

1号2号

近所にタケノコをGETしに行ってきました。
上物が見つかりました。
KC4F0301.jpg
ここで2本GETしました。

探せば違うところにも、もっといいものがありそうです。
ウフフ、たくさん手に入れたいものですわ。

ムフフ、タケノコ山は数々あれど、
このタケノコ山はどこでしょうか?

スポンサーサイト
山スキー

レベルアップしたかのような、、、

1号2号4号で、
上砂川国際スキー場~御料山

スキー場は今は閉鎖してますが、真ん前に現役の温泉があります。
パンケの湯」

雪はやっぱり少ないですが、スキー場跡で滑りやすいからか、
たくさんのスキーヤー、ボーダーが来てました。

なんとなく深雪講習会かな?という一団もおりました。

早速、スキー場跡に取り付いて歩き始めます。
下に硬い面を感じながら、フワフワサラサラの雪で帰りが楽しみです。
ML_KC4F0295.jpg
登りのトレースも滑りのシュプールも縦横に入っています。
案外人気の山らしいです。

スキー場終了直下の斜面が急で、汗を出しながら一登りするとスキー場は終わり!
上に小さなロッジがあり、休憩してもいいみたいです。
我々は、小屋を巻いて尾根に上がり、目的地の御料山を目指します。
と、尾根下の右斜面を見るとオープンバーンが広がっています。

帰りにここ滑れないかな~~~
いいね~~。
沢に滑り降りて、シール付けて登り返そうか~?

フフフ、帰りが楽しみです。

スキー場の終了点から30分で御料山のPに着きました。
古いピンクテープがありました。

休憩をして帰ります。
頂上からの斜面も気持ちよさそう。
みんなニコニコで滑り出しました。
ML_KC4F0296.jpg

ML_KC4F0297.jpg
楽しいよ~~~~~。
とっても雪がいいです。

トラバースして樹林帯に戻り、お目当てのオープンバーンへ!!

楽し過ぎて写真撮影忘れました。

滑る!曲がる!滑る~~~!!
雪が良くて、ロッカーならものすごく上手に滑れるんですわ~~

気持ちのいい斜面が終わったところからトラバースして、
さっき登って来たスキー場跡に戻れました。

あまりにも楽しくて、登り返しました。

そして再びオープンバーンへ!!

キャッホ~~~。

ゲレンデに戻っても、雪が良くてよく滑りました。

札幌から近いし、また行きた~~い。

山スキー

本日の山は旧ゲレンデ

1号2号4号でF市の旧ゲレンデへ!

4号「久々だから、ゆる~~~いところで~~~~

ほ~~そんじゃ、F市の滑らな~~い斜面のあの山でいいんじゃない?!

北に向かうとI市あたり、どんより天気に降雪。
盛り上がっていた気分も若干どんより。

チッ!だいたいこの辺はいつもこうだ!!

盛下がる気分を奮い立たせて、さらに北へ向かうと晴れた!!
チヤラ~~~ン

1台だけ止められそうな場所を見つけて早速取り付く。
林道からショートカットして広い尾根を進む。
途中からトレースもあり、今日も楽ちん。
あざ~す

お~~相変わらず緩斜面だね~。
でも、結構人は入っているみたいだね。

旧ゲレンデ部分を過ぎて森林帯へ入っていく。
ML_KC4F0289.jpg
どうよ!この雪景色
きれいだな~~。
冬山の醍醐味だよね。

樹林帯を過ぎて、再び林道へ出るとPはもうすぐそこ!!
最後の急斜面を登りきってPに到着しました~。
KC4F0290.jpg

さてさてあまり期待していない下りです。
緩斜面過ぎて滑らないしつまんないんだよね~~~~~~
ほら~~!!曲がらないし~~~~~、、、、、

いや!!曲がるじゃない!!滑るじゃない!!

お~~~~楽しいね~~
滑る~~~~
雪質がいいのかしらん

久々の4号ちゃんも快調にスイスイと!
足首グラグラのプラブーツでよく滑ってくるよね~~。

結果、結構楽しかったじゃな~~い



山スキー

泣きたくなるアクシデント

1号2号は、春香山の隣、「和宇尻(ワウス)山」へ。

銭函ICを下りて、駐車予定の最終人家を目指して坂道を上がる。
でも雪不足でブッシュが見え見え!!
これは笹出すぎじゃないかい??!!
ということで泣く泣くあきらめて、春香山の登山口へ移動。

ここは登山道もしっかりしてるし、なんせスーパー林道が
バ~~~ンとあるからね。

最終ゲートまで車を入れて、登山道の状態を見てみると
歩けそうなので、行けるところまで行くことにする。車を何回か切り返して無事駐車。

さて、準備でもしますか~~~~~~。

2号「あら?雪の中に見えているこの紐は何?」

つまんで持ち上げてみるとその先に付いていたものは、2号ちゃんのカメラ。

2号「あ~~~~~~~~ひょっとして私、車で引いたんじゃないだろうか??」

さっき、車から下りた時に落としてしまって、そのあと車で引いちゃったらしいのです。

試しにONにしてみましたが、あえなく

涙にくれる2号ちゃん私ってバカバカバカ

そんなこともありながらも、気を取り直して出発すると雪がいいんですわ。
トレースもばっちりあって、楽をさせていただきました。
ラッセルした方は膝くらいあるから大変だったよ、きっと。
ありがとうございます。

土場を超えて、やっと春香山とワウスが見えてきました。
ML_KC4F0284.jpg
小屋からはトレース通りに春香山に向かってもいいし、
近い方のワウスに向かってもいいね。
な~~んて言ってましたが、小屋に付くと雪がドバドバ降ってきました。
さっきまで見えていたワウスも雪と雲のカーテンの中に隠れてしまいました。
ウへ~~~~
モチが下がる~~~~。

ML_KC4F0286.jpg
2号ちゃんのこれは駄目だわ!のポーズ。

何年か前に4号と三人で来た時もここで帰ったような記憶が、、、。

我々の春香山のPはここか?、、、、てなわけないか

雪はフワフワで、深いけどよく滑る、と~~ても良い雪でした。

おわり

2
新年早々人助けをしたから、いいことあるかも、と思っていたら
これかよ
自分でカメラをバリバリ引いていたかと思うと、トホホ

いやいやこれは小さなこと
もっと大きないいことがあるに違いない



未分類

山は三角形

1号2号、M姉で平日里山低山巡りへGO

2号ちゃん、自慢のモンベルの簡易アイゼンを装着。
これです。
縮小2モンベルアイゼン
小さな6本の爪を金具で繋いだゴム製の枠を靴にはめ込む方式です。
確かに4本爪の軽アイゼンより、なんとなく「イケテルハイカー」っぽい

M姉は隠れスパイク付きの長靴。
、、、隠れていて効くんだろうか、、、、by 1号心の声

1号は、普通の長靴&登山口に置いてあったストックを拝借

駐車場には、平日なのに7~8台止まってた。
たくさんのハイカーに愛される三角山。
ここ何日もたいして雪が降らないので、登山道は踏み固められてカツンカツン。
急斜面は気を使うな~

ご近所の散歩コースなのか何人かの手ぶらのハイカーとすれ違う。
三角山までは40分ほどで到着。
縮小2三角山2
ここから奥三角山に向かう。
急斜面を一度下る。
すたすたと降りるモンベル君と
こっちがいいか?いやこっちか?自問自答の隠れスパイク君。
足元慎重にならざるをえない普通長くつ君。

里山は足回りを気にせねばならぬ

小さなアップダウンを繰り返して、大倉山ジャンプ台を横目に見て更に進みます。
縮小2急です
奥三角山の頂上直下がなかなかの急斜面で、滑ったらそのまま腹ばいで
ズズズと落ちそうなので滑る前に登る!!!
縮小2奥三角山
一時間半で到着しました。

帰りは、隠れスパイク君と普通長くつは、急斜面の下りには耐えられず、
斜面に身を任せて滑り落ちるままに~~~~~。
フフフ尻滑りは、なかなか楽しいわ

西区民は、たくさん山があっていいな~~~。

未分類

初山登り

明けましておめでとうございます。

nebuta.gif
年中休みのくせに、お正月休みというだけでダラダラ生活health_b.gif
ヤバイ、お正月だけど山に行こう
初山登りだ
無意根千尺高地胡桃沢林道ルート

労働者は休みを利用して山に行くはず。
エー
車がない、、一番乗り?私達だけ?
縮小2車1台
準備をしても後続車はなし
今日は本当にラッセルか2と
最強のラッセルマン(ブー1の連れ合い)

私達だけの山、静かです縮小2木の雪が
縮小2静かな森
静かです、降りたての雪がきれいです
フカフカの雪、これは滑りが快適でしょ
期待にワクワク

しかし、昨日のトレースも消えると、ルート選択の難しさが
地図には出ないポコや小さい沢に翻弄される、

千尺が見えてきた、やはり春には隠れていた木がまだ出ている
その分雪崩の心配しないのがイイ

まあ、予定通りの時間で千尺到着
サァー、滑るゾー
フカフカの雪だ
アレー
滑らない、曲がらない
深すぎ、重すぎ
「止まる!」「ころんだ!」
縮小2千尺高地

雪は降ればいいってもんじゃない
好みはフカフカの軽い雪でーす。

下に着いた頃吹雪だした。
苦労したけど冬山らしい、山行でした。これはこれで満足

駐車場に車がもう1台止まってる。
犬を連れたおじさんが「車が埋まりました。手伝ってください」とのこと
そこは山女・山男
ヘイ、ヘイお手伝いしましょ。
スコップを出し、車の下の雪をかきだし、押して助けてあげました。
しかし、山に登らない人がここまでドライブ?何しにしたのかなー?

お正月早々人助け
今年はきっと良いことがあるに違いない




昨年買い換えたスコップ。
初めて有意義に使いました
いい事あるかもね~~
1号fukkin.gif






該当の記事は見つかりませんでした。