2016/10/23
2016/10/19
2016/10/17
2016/10/09
2016/10/02
2016/10/02

2016年10月

        

キノコとおじさん

category - 登山
2016/ 10/ 23
                 
肩が痛い1号と足が腫れてるおじさんと山歩き。

恵庭岳に向かうも途中のみぞれに恐れをなして予定変更。
南区方面が良さそうなので、お手軽に定山渓の夕日岳へ。

登山道が落ち葉で埋めつくされて晩秋感満載。
KIMG0070.jpg

1000ⅿ越えの山は、そろそろ雪景色
KIMG0068.jpg

お、お、お、、、あれに見えるは定天じゃないの?!
KIMG0069.jpg
やっぱり、どこから見てもカッチョえ~~ね~~。

穏やかで、登山道も歩きやすくて、紅葉もまだ楽しめて。
KIMG0073.jpg

しかも!!
KIMG0074.jpg
あっちを見ても、こっちを見てもムキタケ&ムキタケ、そしてムキタケ、おまけにムキタケ。

夕日岳はムキタケの山だった。

KIMG0072.jpg
おじさんのザックが重さでかしいでる。

秋は、キノコと紅葉とおじさん!!

追:こんなん取れました!
KIMG0075.jpg
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

十勝岳周辺

category - 登山
2016/ 10/ 19
                 
2~3日前の凌雲閣のFBには、駐車場、山並みが雪に覆われていてすっかり雪景色

タイヤ交換した4号ちゃんのパジェコに便乗して
1号もやってまいりました。
KIMG0055.jpg
ところが、おや~~~~!
雪が無い!しかも暑い

寒いよりはいいかと思い直して出発
KIMG0056.jpg
こりゃ~~プラブーツにしなくてよかったこと!

KIMG0058.jpg
沢水の流れる音が涼しげ。
去年は、激暑だったけど、もう少し雪があったよね~。

でも、ここから沢を渡って稜線に出るまでの日陰のトラバースが怖い!
残った雪がカチンコチン凍っていて、ものすごく滑る。
本日の核心部でした。

稜線に出て振り返ると富良野岳の稜線。
KIMG0059.jpg


反対を見上げると十勝岳が見える。
さ~行くぞ!!と気合を入れたいところだけど、時間は12時。
ここで終了!!早っ!!!
KIMG0061.jpg
この写真、なんとなく坂本直行さんの絵に似てるよね。

来年は、お向かいの三段山に登りたいな~。
十勝岳から縦走してくるのもいいな~。

このあたり、いい山ばかりだから、
上ホロにこだわらずに上ホロ界隈登山でもいいかもね。

それには、もう少し気合入れて計画しようや


                         
                                  
        

ニセコ紅葉登山

category - 未分類
2016/ 10/ 17
                 
今年は紅葉が遅め、10月16日チセヌプリ登山へ
神仙沼ルートは混雑が予想されるので
スキー場コースから、ここは西口登山口と呼ばれるらしい
紅葉が最高潮、とても美しい!
車を止めて写真を撮っている人もいる。
この中を歩くかと思ったらワクワクする
ブログDSCF1510

冬にはパウダースキーで何度も登るがいつもリフト使用。歩いて登るのは初めてだわん。
アレー!笹が高すぎて、紅葉はナンモ見えん
ブログDSCF1511
こんなはずじゃなかった、
デモこの笹太い、春にはタケノコがどっさり取れそう
ブログDSCF1512

神仙沼・シャクナゲ岳方面との分岐

ブログDSCF1513

今までは誰にも会わなかったけれど
何人もの人とすれ違う、北口から登って西口に降りるシルバー団体さんとか。

ブログDSCF1515

ピークからは何も見えない
後で1が調べたところナント「PM2.5」ってやつでスモッグだったとか
ああ、恐ろしや
ブログDSCF1517

この様に薄っすらと霞んでるんですよ

でも「てんきとくらす」の予報が悪かったのに暑いくらいの天気で良かった。
帰りは私好みの「黄金温泉」へ。
いい湯だし。お蕎麦も美味しかった。






                         
                                  
        

シャクナゲ岳(長沼周遊記)

category - 登山
2016/ 10/ 09
                 
天気は今三くらいなれど、ちょっと山に登らないと・・・・さんざん迷ってニセコのチセに行こうと決めた。
前日ぶ~2号から体調不良の連絡が入って、最近はやりの?お一人様になっちまった。

ニセコの紅葉は今年は良くないとの事前情報どうり、紅葉は・・・・なんじゃこりゃ?ってかんじ。
くもりで、上はガス。チセの登山口も、大谷地の駐車場にも車は全くない
それで勝手に計画を変えて、8時半神仙沼の駐車場に車を置く。がらがら。
なんか建設会社のロゴの入った反射シールをつけたおじさん達が10人近く集合していたので、なんか工事でもするのかなぁ~~?って思いながら、どこまでいこうかしらん?ともはや消極モードに突入。
だって、ガスってるし、風あるし、人もいないし、紅葉だってだめだし~~etc.etc.根性無しブ~子3号

歩き出すと、駐車場と違い風はほとんどない。てこてこ、長沼に到着。
「お~~???、水少っくない」春に来たときは登山道まであふれていた水面は、怒濤の後退、3分の1くらいになっていた。
IMG_3231.jpg

これは~~、歩けるやん?一周できるんやないかぁ?
そう言えば、2号が昔歩いたこと言っていたような気がしてきた。
行ってみましょう!!GO,GO
時計と逆回り、登山道と同じ方向に歩いてみる。
快適。途中1本の水の流れが・・・・奥からチョロチョロ水が流れていた。
IMG_3241.jpg

水の近くは靴が全部汚れてしまうほどのぬかるみではなく、3センチ位ふんにゃあって沈む感じ。
IMG_3244.jpg

一番奥まで行くと、水の流れた後が深~くえぐれていた。遠くに水面が見える。
IMG_3247.jpg

さて、どうしようか?このまま1周しようか?
地図を見ると、この辺で登山道が向きを変えて、一気に分岐へ向かうあたりだ。
登山道はすぐ縁にあるはずだから~~おっ!!これは??登山道です。
登山道に出ると、そこから1mほどで、分岐へ向かう直登でした。

ここまで来たから、登りましょうか・・・分岐まででも・・・(あいかわらず消極モードのぶ~3号)
あっという間に分岐について。あたりはガスでんがな。
ここからチセに登るはずだったんだけど・・・ガスだし~、秋だから熊さんが~~他の人も歩いてないみたいだし~
ふと、シャクナゲ方面を見ると、おじさんが一人歩いているのを発見
それを見てブ~子もシャクナゲ登りに変更。
へなちょこではない!!慎重なんだワイ!!と心の中で弁解する。
シャクナゲに登ったけれど、ガスでなんにも見えない。結局おじさんと二人。
今日はこれから誰も来ないかな・・・と思って下山を開始したら、なんと、来るわ、来るわ。
天気も予報通り少し回復して、チセにニトヌプリ方面も見えてきた。
IMG_3263.jpg

春には樹木が茂って見えなかったけれど、この時期は登山道から下の方にまた長沼が見えてきた。
IMG_3266.jpg

あがってきたところから又沼に下りて、残り半分(登山道の向こう側)を歩いてみる。
ここらあたりが水の限界なんだろうと思われるところに、青々としたこれは苔ではないし?なんだろう?境界線を縁取るように茂っていた。
IMG_3268.jpg
IMG_3274.jpg

縁を歩いて、水調節の施設なのだろうか?パチリ
IMG_3289.jpg

このあたりからチセ方面。
IMG_3290.jpg

沼からあがって何とはなしに立て看板を見ると、危険なので沼に近づかないでくださいって書いてるわ
早く言ってよ~もう歩いてしまったわ・・・・

この後神仙沼に寄る。
IMG_3292.jpg

木道脇のこの日一番の紅葉
IMG_3296.jpg


駐車場へ戻ってきたら、駐車場は大型バスを含め、超満杯だった。
さっきの建設会社のおじさん達は駐車場の整理の為のおじさん達だったんですわ。
いや、さすが、ニセコだわ。

この後、久しぶりに雪秩父温泉に
湯気がすごい、大湯沼。
IMG_3302.jpg

白濁の硫黄泉は大のお気に入りの泉質。
あごまでたぷたぷして、眺める紅葉が今日の一番綺麗な紅葉でした。

お湯からあがって車に戻ると、大混雑!!
並んで駐車するのを待っている。
あ~冬もすごいけれど、秋も恐るべしニセコ


この後ブ~子3号は、あっちへふらふら、こっちへふらふらと買い物モードに突入。
ん~ん、登山はちょっびり。遊びそれなりの一日でした。
温泉が良かった!!


       ぶ~3号、 J子








                         
                                  
        

登別 カムイヌプリ

category - 登山
2016/ 10/ 02
                 
10月1日 土曜日

今日も今日とて、1号一人登山でございます。
大好きな登山道を歩くために、再び高速をすっ飛ばしてやってまいりました。

今日の一番の核心は、登山口までの道。
いつも同乗させていただいておりましたので、
IC降りて、どこでどこに曲がるやら???
調べた割にはさっぱり

そこで便利は、最近GETいたしましたスマホ。
登山のためにダウンロードいたしました地図が役に立ちました。
便利でございます格安スマホ

さて、大幅に予定時間を過ぎてしまいましたが、登山時間が短いので
計画通りに登り始めました。

森林の中を歩いていきます。
KIMG0031.jpg
お天気が良くて、暑いほどです。

6合目には、山小屋。
KIMG0032.jpg
冬用の薪の備蓄も進んでいるようでした。
ブー子山の会でもこんな山小屋がほしい。

一番の難所の鎖が新品に取り替えられておりました。
山岳会の方が管理しているんでしょうね~。
ありがたいことです。
KIMG0033.jpg

白樺林がきれいだな~。
KIMG0037.jpg
ここを越えたら、すぐそこにP。

P到着です。
KIMG0038.jpg
奥に3号ちゃんの故郷も写っております。

Pは貸し切り。
汗をかいたので、ザックに入ってた半袖シャツに着替えようかな~と、
まさに脱ぎかけたその瞬間、室蘭岳から縦走してきた
ニュっと現れて、あ~~~~~~~びっくりした

いやいや、加齢とともに注意力も

KIMG0040.jpg
Pで食べたゼリーは格別のお味でした。

おしまい




                         
                                  
        

どうしても紅葉が見たい!

category - 登山
2016/ 10/ 02
                 
綺麗な紅葉は誰でも見たいもの。
旭岳は観光客で混んでいることは覚悟のうえで2・3
出かけました。
ブログ旭岳1
良い天気でーす
デモ昨夜初冠雪したのですがら、寒さ対策はしっかり
ダウンジャケット・毛糸の手袋・帽子・目出帽ちゃんと持ちましたよ。
裾合平ですからタラタラのんびり歩き
ブログ紅葉

ウラジロナナカマドは真っ赤です。

天気が良くて暑いくらい

そしてチングルマの白い綿毛
可愛い
ブログチングルマ

裾合平一面チングルマ
ブログチングルマ2

チングルマしかありません、お見事

中岳温泉は人々が憩っています
ブログ中岳温泉

ブログ足湯

温泉に来たからには入らないわけには行きません。

中には服を脱ぎだす人も
温泉は浅くて脚しか入らないというのに
私達の帰り際だったので彼が入浴したかどうかは不明

姿見の池についても風は無風
逆さ旭岳が写っていました。
ブログ逆さ旭岳

帰りのロープウエイから見た紅葉も美しかった。
又行きたいなー