〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
未分類

リハビリ開始の本貫気別岳

ようやく、山へ行ってもいいかしらん?で・・何処へ?
歩けるのかわからんし、滑れるのかわからんから、そういうときの本貫気別岳へ、パンパカパーン

ごみ箱の為に除雪されている立派な駐車場に車を置いて出発。
IMG_3522.jpg
お味噌やさんの看板のあるあたりからとりついて、ふてぶてしく人の庭先を横切って行く、ぶ~3匹。

ちょっと樹林帯を横切ってCO508付近へ出ると、まあ~羊蹄が綺麗!!
IMG_3530.jpg

IMG_3525.jpg


このあたりをちょっと登ると、あら?どこからかスノーモービルの跡が現れ、その先のいい斜面がなんかズタズタに!!
ぷんぷん

もう既にここからP手前が見えている。
アラもうすぐダワサ。

1時間くらいでPへ、というかPはその先にちょっとある奥まった場所だけれど、ここでぶー3号はさっき腰がちょっとピクっとしたので先に行くのは中止。
洞爺湖も今日は綺麗に見える。いいね~山は。
IMG_3532.jpg


しかし、久々の山スキーにぶ~3号は不安がいっぱい、いっぱい・・・
でも、雪質が良くて、ヘッぴり腰ながら無事楽しく滑り~の、曲がり~の。
ふふふ

でも、緩い登り返しで悪戦苦闘、前へ進まない。
汗かきました。

帰りは留寿都道の駅で3つだけ残っていたお豆腐を仲良くゲット。
おしゃべりも相変わらず全開で楽しいブ~子山行でした。


ぶ~3号  J子

スポンサーサイト
山スキー

貸し切りの音江山

平日の木曜日、JおじさんとM岡おじさんと1号の3人で音江山。
江別西ICから高速に乗ると豪雪地帯、岩見沢の雪の少なさに驚く

4号も今年は、少しは楽な生活を送れているかしらね~。

車中のおじちゃんたちの話題は、「高齢者年齢の引き上げと労働環境」
シニアは、いつまで働くのか?
若者の雇用問題から海外からの実習生問題まで。
フンフンと聞き入ってるつもりででコックリしているうちに深川IC。

深川ICを下りたら、採石場の駐車場へまっしぐら。
他に車はいない。
KIMG0128.jpg
画像で見ても雪の少なさがわかるね。

駐車場を9時半に出発。
踏み固められたトレースのおかげで20分ほどで登山口到着。
KIMG0130.jpg
ここから斜面に取りつく。
さすがに人気の山
荒れて荒れてズタズタ、、、、、
滑って下りられるかしらね~~~

登りのトレースは、登り返しをしなくてもいいように、とっても上手についている。
一度沢に下りてSBを超えたけど、例年よりはやっぱり細い。

樹林帯の急斜面を汗をかきながら登りきると右下に
下りのトレースが見える。
帰りはあの辺りまで滑ってきて、こっちの尾根に上がればいいのね?!

尾根に上がっちゃえば、もうすぐだよ~。

だけど、Jおじさん、もうすぐ、もうすぐってまだかい?!とぼやく。

ほれ、そこだよ!!
12時前にはPに着いちゃった
シニア隊、頑張ったわ~~~~
KIMG0131.jpg


去年、2号ちゃんと二人で来たときはP直下の斜面がフワフワで
キャーキャー言って滑り下りたのに、風にさらされて斜面がかったい!!!!
Jおじさんが、転んだら危ないわ!と言う。
楽しみにして来たんだけど、ダメか~~。
オープンバーンは、どこも固くて時々ひっかかって、みんな転ぶ。

いつもは避ける樹林帯の方が、雪質がいい!!

パウダーを期待してきたけど、ちょ~~~っと期待外れだったわ。
荒れた斜面を慎重に、且つ大胆に滑り降りれば、やっぱり楽しいね
オリャ~~~、トリャ~~~~
気合でターンしながら午後一時には下りちゃいました。

うん、結構楽しかった

尚、今回は画像をオールおじさんカラーでまとめてみました








未分類

美しいー!!幌平山

世間では全国的に大雪!大雪!と大騒ぎ
山に行きたいが天気とにらめっこ
晴れ間を見つけ1月14日土曜日に幌平山に行きました。
ブログ見晴駐車場DSCF1575
やったね快晴だよ。
9時半、駐車場には帰り支度の男性3人
「もう終わりですか?」と声をかけました。
日の出を見に登ったという、きっと5時ころから登ったんでしょうね
この快晴の天気、きっと見事な支笏湖の日の出だったんでしょうね
最近の流行りですかね?イチャンコッペと日の出
確かお正月に計画していた人がいましたよ。

登山道はスキーでは滑って登りにくいので担いでで登った
というアドバイスでスキーを担いで登るJ西おじさま
ブログスキーを担いでDSCF1578
それでもスキーで登る
スキーをはいて


ブログ樽前山DSCF1588

ブログ風不死岳DSCF1585


ブログ美しい青空DSCF1587

ブログ稜線DSCF1589

ブログ樽前山2DSCF1593

ブログ幌平山DSCF1591

もう言葉が出ない美しさ
なんちゃって、「キャー美しい」「信じられない美しさ」「来てよかった」叫んでましたけどね
ブログ華麗な滑りDSCF1602

雪は少し足りない、けど
けっこう下まで楽しく滑れたわ
今回は谷を滑り降りて、駐車場のうえに出ましたが
この谷は苦労したわ
ブログ終了DSCF1603

最後に
ブログ支笏湖DSCF1597

美しい山・支笏湖でした


未分類

滑沢山ーぬめりさわやまと読みます。872.9m

1がヒクタ峰に行こうという
2「どこにあるんじゃろ?聞いたことがあるような?」
調べると先週行った迷い沢山の前じゃん。いいじゃん
で、ちょっとオトボケのJ西オジちゃんと気のいいM岡オジちゃんと4人で出かけました。
天気は晴れ
まずサイロ型のナンカがある小樽内林道に車を止める
ブログサイロの前
小樽内林道ではなく左の細い林道へ入る。
すぐに滑沢川、細い沢に橋が架かっている
ブログ滑沢川
すぐに尾根に取りつく
林道を進むという記録があるというが、2としては滑ることを優先に考えるので
斜面にトレースを付けて帰りの道しるべにしたいんだよね、様子も把握したいしね
ブログ尾根取りつき

ブッシュが出ていてちょっと難儀、でも雪は良い
久しぶりのラッセル
苦労はするが楽しいラッセル
ブログ定天
ようやく隣の定山渓天狗岳が見えました

時々デポ旗を見かけるが2メートル以上 上に付いている、ここはもっと雪が積もるんでしょうね
そこまで雪は積もればこのうるさいブッシュも雪の下になるんだ。

872mの前ポコ滑川山に近づくとだんだん疎林になり、かえりの滑りを想像してウキウキしてくる
後ろから数名が付いてきているという
「少しラッセル疲れたね、先に行ってもらおうか」
「そうだそうだ、ゆっくり歩いて追いついてもらおう」
なんて小賢しいことをしゃべっていたら、あらいなくなった
どうやらルートを変えたらしい、聞こえたのかなー
ブログJさん
それにしてもラッセルは時間がかかる
だってなんたって平均年齢67歳オーバーのこのチーム
ウッソー!!計算してビックリ
ブログ滑り沢山
滑沢山
ほぼ3時間
この先ヒクタ峰までは1時間はかかりそう
今日はここまで、ヒクタ峰が目の前にあるんだけどねー。
ブログヒクタ峰

真っ白で、美味しそうなオープン斜面、あーあーもっと体力があって3時間で行けたらなー
でも私3時間歩けたよ、エライエライ2オバちゃんとしては満足だわさ

ブログ太陽
サァー、滑ろー!!

何時もなんだけど滑り始めると、楽しくて写真を撮る事忘れるんだ
だからスキーの写真はありません。気持ちよかった

したの方はブッシュが濃くて、よけるだけで精いっぱい
でも終われば、楽しかった
また一緒に行きましょうねJ西さん・M岡さん






未分類

迷沢山の前のポコまで

明けましておめでとうございます。
2017年初登山です。
2の二人旅です。
8時に我が家をでて
上平林道へ
ラッキーにも駐車スペースには車がなく入り口に止められました
ブログDSCF1544
車はないけれどスノーシュウのトレースが付いていました。
どうやってここに来たの?車はどこに止めたの?送迎車があったのかなー?

でもおかげでラッセル無しですよ
風もなし
淡々と林道歩き
曇り空なので写しタイ景色もなし。

林道のヘアーピンカーブもトレースがないからショートカットもせず
850mにある送電線に着きました
ブログDSCF1545
ここでトレースを付けていたボーダーが滑ってきました。
「ヤッホー」と気持ちよさそうに滑って、思いっきり私達の前で転んでましたよ。

彼らにトレースのお礼を言ってまたトレースを進んだのですが
彼らのトレースは960mのポコを右に巻いています。
何度も来ている迷い沢山ですが右から行ったことはない
トレースをついていきたい気持ちもあるけれど
ボーダーはスノーシューだからね、スキーに向いているかはわからないし
迷いながら
「寒くなったから960mのポコで帰るか―」
「あら、それでいいね」
迷沢山に行ってもただただ林道を滑り下りるだけだから、ポコからの滑りを楽しむことにしました。
本日唯一のラッセル
と思いきやトレースが??たぶんエゾシカ?
ブログDSCF1546
960mのポコ
ブログDSCF1549
逆光でした真ん中に1がいます。
狭いピークです。
すぐ目の前に迷沢山がありますよ





該当の記事は見つかりませんでした。