〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
山スキー

幌平山

1号は、土曜日に引き続きに付き合って、支笏湖畔の幌平山へ。

南区へ向かったのですがお天気が悪くなってきて変更したのです。

イチャンコッペ前の駐車場に着くと満車状態!
次から次へと来ては、止められなくて帰っていく。
思うに定山渓方面からの変更組じゃないかしらん?

我々は、一番端っこに何とかとめて10時過ぎに出発。

踏み固められたトレースを進んだり、外れたりしながら1時間少しでP着。

お天気は良くないけど、南区よりはいいんじゃないかな~。
KIMG0149.jpg
昨年度に新調したK2のロッカーとディアミールのビンディング。
曲がりたいと思ったら曲がれる不思議な板

KIMG0150.jpg
イチャンコッペ方面にも、スノーシューのトレースは続いていました。
冬山ハイクで人気の山です。

我々の他にスキーヤーは、10人くらい入っていました。

底の雪は固いんだけど、昨日の夜に降った雪でリセットされていて、
もうもう楽しくて楽しくて

ヒューヒューです

あまりに楽しくて登り返して遊んできました。
幌平山

以前、2号ちゃんと行った時は、半分くらい下りたところで
沢に入った気がするのですが、今日は広い尾根をそのまま滑り降りてきました。
最後の方は、スキーヤーと鹿ちゃんのトレースで荒れてますが、まっすぐおりてこられるので楽でした。

もご機嫌で、「幌平山もどんな山かわかったし、また来ようっと!!」

1号「ここなら一人でも来れるよね?!」

「うんうん、来れる、来れる」

、、、、、、その言葉が聞けて何よりだわ~~

スポンサーサイト
山スキー

今年はやっぱり札幌近郊!股下山

1・2・3号で、新見温泉からの白樺山へ向けて走らせるも、
喜茂別あたりで結構な降雪

「とりあえず行ってみる!っていうには、遠いよね~~

ということで、トットとUターンして定山渓へ

代替え地図をたくさん持っていた2号ちゃんのおかげで、
タケノコ山、奥手稲、つげ山、股下山から、股下山に決定。

2号ちゃんエライ

10時10分に駐車場を出発。
ちょっと急な斜面をトラバースして尾根を登ると平坦な樹林帯。
少し進むと股下山への急斜面が見えました。

時折、強風が吹き、見上げれば稜線上の雪が舞って寒そうです。

1時間半ほどで稜線に上がりました。

KIMG0142.jpg
稜線に上がってから、Pまで少々アップダウンを繰り返しながら進みます。

KIMG0145.jpg
天気マークがついた予報だったのに、、、、、、降ってます

KIMG0147.jpg
P、結構奥だね~。ま~だ~?
Pは目の前です。頑張りましょ!!

KIMG0148.jpg
はい!!到着~~~
2時間ほどかかりました。

股下山png


シールを付けたまま、稜線の末端まで、来た道を帰りました。

そして、シールを外して楽しみにしていたオープンバーンを滑りました。
深くて、軽くて今期一番の雪でした。
今年は札幌近郊が一番いいように思います。
3号ちゃんが、「粉雪がプハ~って舞うよ!!」と大感激でした。

その後も、樹林帯をヒューヒュー滑って、
楽しかったよ~~~~

また行きたいワン

ぶ~3号追記
あのね、肩からピークまでのアップダウンは帰ってくるときシールつけたままで、ごっつう怖いんじゃ・・・
かかと固定した方が良かったかしらん?
あ~、行くたびに最低1回は「スキーなんて嫌いじゃ!!」って思うわけ。
でも、降りてくると、今度はどこいこうかしらん?って思うのは・・・やっぱバカなんだわね~
いくつになっても身の程を知れないってのは、・・・バカなんだわ!!
あ~あ、おバカな3号でした。
又行きます!!山スキー


未分類

恵比寿山は大人気


恵比寿・大黒山の登山口にはすでに ガイドYッちゃんがいてにこやかに手を振ってくれる
お客さんは6人くらい?だったかな
次に ガイドYかちゃんがこちらも6人くらいのお客さんを乗せてやってきたよ。
他に4人(男性3人女1人)組が1パーティー
オヤオヤ大人気
「何処に行くの?」と聞けば二人とも「大黒山と恵比寿山 気分次第、登り返して2~3本滑るかな-」
さすが!タフなガイド
ブログIMG_20170204_123534
Yッチャンチーム・と男4人組が出発
おかげで、トレースはしっかりついている
ウ~ンでも雪が少ないせいか?
沢ギリギリのトレースは歩きずらいなー
350mあたりでスノーブリッジをみつけて、大黒山とはお別れ
薄いトレースをたどってラッセル開始
ブログIMG_20170204_103433

コルに向かう
だんだん疎林になり、トレースのない真っ白い斜面に
1のワクワクした叫びが
「ココ、イイワー!滑りやすそう!」「雪質いいよー、楽しみ!」

ブログIMG_20170204_113657

恵比寿山到着

ブログIMG_20170204_113905

向かい側では大黒山のオープン斜面を
「やっほー」と叫びながら見事なシュプールを刻んでる
そして途中から登り返している、
ヤッチャンチームかな?

ユカチャンチームは「えびすに行きたくなった気分」と
言いながら恵比寿山に到着

「じゃあ、又ね」とごあいさつして
私達はオープン斜面に
やっほー!と飛び込みましたよ
さほど、傾斜がきつくなくて程よい感じ
難点は林道を5回も横切ったことそのたびに段差でブレーキ
でも、ブーコ3号にはちょうど良い感じだよ
今度一緒にいきましょう

つぼ足登山

晴天の阿部山

今日は、トレーニング山行で阿部山

1号とMチャコ姉、M岡おじさんに鉄人N沢

集合場所へ向かうもお天気大荒れ
ハレ?晴天予報のはずなのに、、、、。
誰からも中止の連絡も入らず、しかも高速道路で事故。
渋滞に巻き込まれて、遅れてやっと到着。
鉄人、、、「あんなに荒れたら、一人なら行かないね~~」って。
いいんですよ~。止めましょうって連絡くれても~~。

それでも登山口に到着したころには晴れた。
KIMG0134.jpg
駐車スペースが除雪されていて、ありがたですね。

ザックにスノーシュー、ワカンをくくりつけて出発。
踏み跡がしっかりあって、つぼ足でも歩行可能。
10分くらい歩くと、手稲山へ向かう登山道から阿部山方面へ分岐有り。
立派なスノーブリッジがあるので問題なく発寒川を渡る。

阿部山から続いている尾根に取りつけば、後はそのまままっすぐに進んで行くだけ。
KIMG0135.jpg
2年ぶりに会った鉄人。
日々の鍛錬で足取りも全く衰えなく!!

KIMG0136.jpg
こちらはおなじみのM姉とMおじさん。

KIMG0140.jpg
どこに行っても雪が少ない印象だけど、札幌はやっぱり多い。
今日は冷えているからか、空気がすっきりしている感じ。
雪をまとった樹林もとってもきれいだ。

KIMG0141.jpg
阿部山のPにつくとラッセルをしてくれたスノーシューの先行パーティー6名ほどいた。
とても楽をさせてもらったので念入りにトレースのお礼をいう
集合写真のシャッターをお願いされたので、2台分をパッシャ
そうするとそのお礼にと、今度はとても美味しいおせんべいが回ってきた。
どこまでもいい人達だった。

山は、仲間がいた方が楽しいし安心!!
また行きましょうね~。

該当の記事は見つかりませんでした。