〖ブ~子山の会〗の山記録

MENU
山スキー

山スキー突入 お道具点検で朝里岳

1号&3号&Aちゃんで、朝里岳。
2号ちゃんリハビリ中。

国際スキー場は激込み

それでもちょっとだけ時間をずらしたので、15分くらい並んで
キャビン一回券1500円也をGET。

キャビンに知らない若者3人と相席。
無口な若者に騒々しいおばちゃん3人、、、、、、、、
さぞかしやかましかっただろうな~~~~~スンマセン

ゴンドラ終了点から歩き始める。
例年のこの時期より積雪が多いような感じ。
雪被ったモンスターもね、、とってもきれいだし、
しかもものすごく寒くてダイアモンドダストがキラキラ光ってる。

トレースもばっちり付いていて楽ちんな登山です。
小一時間で朝里岳P到着。
アッというまだった。

Pはちょっと風がつよかった。
KIMG0719.jpg

KIMG0720.jpg
時間はまだAM11:00前。
ちょっと物足りないけど、帰りましょう!!

雪質はサラサラフワフワ。
斜面を一か所、ワ~~~って滑り降りたらもうおしまい。
いつものようにゲレンデの戻って帰って来ました。

さてさて、2号ちゃん休養中につき、
我々おばちゃんピヨピヨ隊頑張らないと

来週は、どこに行こうかな~~~~。

1号記

つぼ足登山

里山散策  瀞台

1号&3号で里山散策に出てみた。

寒くなって自力トレーニングは、すぐに日和ってしまう。
お茶すすって一日が終わってしまうので、とりあえず出掛ける約束をした。

行先は、近くてすぐに登れるところ!

マオイの道の駅の手前を左折していつもの名水の登山口。
KIMG0699.jpg
天気予報より全然良くてすっきり晴れてます。

雪は想像以上に無い!
登山道は凍ってかたいけど、え~~~~!こんなに雪ないの!
KIMG0700.jpg
巷ではパウダースキー突入と言ってるのに、これって!!
北海道はやっぱりでっかいです。

つぼ足登山のはずだったのに、普通の夏道登山とかわらず、
1時間後には、Pに立ってました。
KIMG0702.jpg

2週間?3週間?ぶりの山歩きで、とっても気持ちよかった!
山の空気吸ってすっきりした!
少し休養してたから、ちょっと疲れたけど心地よかった。

ということで、調子に乗った2匹は、2座目を目指すことにしました。
、、が、スマホがバッテリー切れで画像がありません。
どこに行ったでしょうか?
3号ちゃんが時間があれば、いつか報告してくれるでしょう。

おしまい


登山

落ち葉の登山道、、有珠山

本日の登山は、ハーレム山行であります。
1号、3号、Aちゃん&Jおっちゃん。

寒風の中、登ったことがない有珠山へ。
伊達ICで下りてしばらく進んで有珠山の登山口。
駐車してすぐに、高速の下を歩きだします。
KIMG0674.jpg

登山道は落ち葉が敷き詰められて晩秋の装い。
すっかり裸ん坊になった木々達。
KIMG0676.jpg

登山道にはところどころにベンチ。
もう少ししたら、ここでゆっくり休みながらの登山になるのね、私たち、、、、、。
KIMG0679.jpg
伊達市が整備しているのか、階段も!
若干歩きにくい。

1時間を少し超えて外輪天望台へ到着。
KIMG0683 (1)
手前が小有珠で、隣の稜線の左端が「有珠新山」であります。
KIMG0685.jpg
ここに書かれているものを要約すると、1977年の噴火で
この有珠新山が1日に1mのスピードで隆起し始めて、5年間で180mの新山に
なったのだそうです。
見る見る間に山が膨らんでいく光景って想像するだけで恐ろしくなりませんか?

展望台にあった写真よりも実物はもう少し高く見えたので、
今も隆起し続けているのかも、、、、、、

KIMG0686.jpg
水蒸気もまだまだ活発に出てますよ。
KIMG0688.jpg
噴火口側とは反対の斜面からも!!
寝ころんだらこの辺も暖かいのかもね。

噴火前は外輪を歩けたんでしょうね~。
KIMG0684.jpg
今は立ち入り禁止に!

今日は、全体を回れないまでもロープウェイの駅までは行ってみる計画です。
東の方へ歩きはじめると有珠山名物「600段の階段」が見えています。
ヒョウへ~~~長いな~~~~~
登るより下りる方がつらいかもね、我々はシニア隊は!

ところが100mくらい進んだらなんと冬季通行止めになってました。
KIMG0689.jpg
ガビョ~~ンダメじゃん!!

いやいや行けるしょ!!なんでもないしょ!!と駄々をこねる
Jおっちゃんを羽交い絞めにして、引きずるように
下山してまいりました。
ったくこれだから、、、、
やんちゃなんだから~。
登山者はルールは守りましょ!!

宿題を残して終了した有珠山登山。
来年行くだろうか、、、、
行かないかも、、、

帰りに壮瞥で買い物して帰ってまいりました。

おしまい。

登山

余市 シリパ山

11月3日は文化の日

1号&3号、M姉とAっちゃんで巡礼登山であります。
余市神社でお参りをして先に進みます。
KIMG0661.jpg

100ⅿくらい、狭い舗装された道を登っていくとお寺があります。
適当に観光しているので忘れてしまったところもあるのですが、
このお寺は「高野山で修業したなんとかさんが積悪の重罪を懺悔するために建立した」らしく、
88か所の地蔵がこのお寺の奥の登山道にあるのです。
たぶんですが、今はこのお寺は使われていないと思われ、
(檀家さんがいなくなったんでしょうかね~、、、推測です)
ネットで調べると、88か所のお地蔵さんは、ここから少し離れた
密厳寺(みつごんじ)が管理しているとありました。
薄い記憶と推測の記録です、間違っていたらごめんなさい

ということで八十八か所巡りの始まりです。

登山道に入ると落ち葉が敷き詰められて、
きれいなんだけど歩きにくい。
そして、結構急登です。
KIMG0662.jpg
お地蔵さんには「大日寺・極楽寺」などなんとなく聞いたことがある
お寺の名前が刻まれています。
これも調べると四国八十八か所巡りのお寺の名前と合致するところが
たくさんありました。

3号ちゃん、腰を低くして早速懺悔です。
KIMG0663.jpg
浄化され清らかさがCOME BACK AGAIN

余市の海を右手に見て、わずか300ⅿにも満たないシリパ山ですが
なかなかハードなのであります。
KIMG0666.jpg

1時間を少し過ぎてシリパ山にPに到着しました。
断崖絶壁すぎて、さすがに恐怖を感じました。
KIMG0670.jpg

KIMG0671.jpg
シリパ山は、看板じゃなくて石でありました。
信者さんが運んだものでしょうか?
なんとなく山全体にスピリチュアルなものを感じます、、、、、
ホントです

Pまででお地蔵さんもほぼ半分。

下山時に完全に倒れたお地蔵さんを一体「救助」し、
元の形に復元して参りました。
今後も楽しく登山が続けられるというご利益で
手を打たせていただければありがたいです

2時間ほどの巡礼でありました。
我々の重罪は浄化されましたでしょうか?
明日から再び清らかな気持ちで生きていきたいと思います!(キッパリ!!)

帰りは、燻製さん屋に寄ってお買い物。
忍路のパン屋さんでもお買い物。

体を動かし、美味しいものをGETし、
おしゃべりも楽しく、今日も幸せな一日でありました。

シリパ山

つぼ足登山

近郊の低山も冬の装い、、阿部山

1号とM姉とJ&Mおっちゃんズ二人と4人で阿部山。
昨日の雨で、山はべしゃべシャであろうとみんな長くつ。

平和霊園を見ながら進んでゲートの前に駐車。

林道をテコテコ歩いていくと渡渉地点。
水量が少ない時は、川の中をバシャバシャ行くみたいだけど今日はダメ。
KIMG0648.jpg
この橋の完成形がどういうものだったのかちょっと想像できないけど、
とりあえずこの橋を渡る。
M姉は、10センチずつ歩を進め、
橋に乗っかている雪もポールで落としつつの慎重さだ。

KIMG0649.jpg
橋を渡って林道を少し進むと送電線の鉄塔が見えてくる。
雪が付いて登山道が不明瞭でここでちょっと行ったり来たり!
結局、林道が三差路になっていることがわかって、真ん中の林道に入る。
解けた雪がザーザー流れて入れ、林道というより小沢になっている。

荒れた林道を進んで行くと小さな沢沿いにピンクテープがついていて、
じっくり見るとなんとなく登山道に見えなくもない。
KIMG0652.jpg
ところどころについたピンクテープに導かれて尾根に向かって急登を登って、
阿部山につながる尾根に出た。
KIMG0653.jpg
近郊の低山なのに、たぶんこのまま根雪になるね~。
結構な積雪なのであります。
KIMG0654.jpg

リーダーM姉の計画通りに2時間でPに到達いたしました。
P看板がこんなに高い!
KIMG0658.jpg

雪が無ければ、普通に夏道登山が楽しめると思う。
地図にも載っていなし、内緒の開拓かもしれないけど、
ちょっと登るのにとってもいい山だと思うわ!
来年は、晩秋にキノコ目当てで来てみようかしら。

M姉とおっちゃんズは、だいたい同年代。
3人が3人とも、もっとトレーニングしなきゃ!!って
いつもとっても前向き!
心からリスペクトしている1号なのであります